新聞、雑誌などへの記事掲載実績|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

メディア掲載実績Media information

マスコミ各社様に向けたリリースはこちらです。掲載頂いた際は、こちらよりご一報いただけると幸いです。

メディア掲載実績

Amazon FBA 対応スピード納品サービス提供開始のお知らせ

通販物流(EC,ネットショップ,カタログ通販,テレビショッピング)の代行、改善などの物流コンサルティン
グ、物流システム開発・導入を行う株式会社イー・ロジット(本社:東京都千代田区、代表取締役:角井亮
一)は、この度「Amazon FBA 対応スピード納品サービス」の提供を開始します。

このサービスでは、当社物流センター内で使用する倉庫管理システム(以下WMS)及びAmazon セラーセン
トラルで扱う納品プランデータを、Amazon マーケットプレイスWeb サービス(以下Amazon MWS)のAPI
を利用して自動連携します。

これにより、Amazon が提供する商品の保管・配送代行サービスのフルフィルメントby Amazon(以下FBA)
に対応した「商品ラベル」と「配送ラベル」を当社物流センター側で自動出力できるようになります。

さらに、FBA の活用にあたりAmazon フルフィルメントセンター(以下Amazon FC)に納品される各段ボー
ルに入っている商品とその個数情報(以下CLI: Carton Level Information)を、Amazon MWS を利用して自動連携
することで、Amazon FC へのよりスピーディーな納品が可能となります。

【各種データ連携の経緯】

昨今、EC 業界の成長にともない、販売事業者様の販路においてはインターネット上の自社サイトと呼ばれる独
自サイトでの販売から各種EC サイトへの出品・出店まで多岐にわたっており、そのひとつの代表的な出品先
として、Amazon が挙げられます。

当社委託の荷主企業様においても、自社サイトでの販売に加え、FBA を利用するためにAmazon へ出品される
企業が多いことから、当社でも従来からFBA への納品代行サービスを提供しております。

しかし、荷主企業様で行うFBA への出荷指示及び、「商品ラベル」と「配送ラベル」の手配作業が負担になっ
ていることや、Amazon FC へ出荷するまでのリードタイムが発生していた背景があり、この度、荷主企業様の
作業軽減及び、リードタイム短縮のご要望に応えるかたちで、「Amazon FBA 対応スピード納品サービス」の
提供を開始しました。

今後は既存の荷主企業様へのサービス提供に加え、FBA のご利用を検討しているお客様に向けてサービスを訴
求する予定です。

【各種データ連携によるメリット】

1・作業効率の向上
従来まで、荷主企業様側ではAmazon セラーセントラルにて商品情報とWMS への出荷指示情報をそれぞれ登
録した後に、当社物流センター側に「商品ラベル」と「配送ラベル」をPDF データで送る必要がありました。

この度、Amazon セラーセントラルとWMS がAPI 連携することにより、「商品ラベル」と「配送ラベル」を
WMS で出力することが可能になるため、当社物流センター側へ個別にメールでPDF データの「商品ラベル」
と「配送ラベル」を送る作業が不要となり、荷主企業様側での作業が軽減されます。

2・出荷リードタイムの短縮
Amazon FC へのよりスピーディーな納品に対応している為、納品不備が無ければ、通常のAmazon FC での受
領に比べ、約40%受領スピード早くなるため、Amazon サイト上での販売開始を早めることが可能となります。

3・出荷指示における人的ミスの軽減
Amazon セラーセントラルとWMS の出荷指示データが連携しているため、WMS の出荷指示伝票とAmazon
FC への「商品ラベル」が一緒に出力されます。

そのため、伝票の突き合わせ漏れなどの人的ミスが軽減されます。
また、出荷作業の工程においては、当社物流センター内で行っているデジタル検品で、元々の商品ラベルと
Amazon FC で必要な「商品ラベル」をスキャン照合することにより、ラベルの貼り間違いを防ぐ仕組みも導入
しております。

また、梱包工程ではよりスピーディーな納品を実現するために必須であるCLI の登録を行います。