ライフコーポレーション/サミット、マルエツ、ヤオコー との4社で「首都圏 SM 物流研究会」を発足|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

ライフコーポレーション/サミット、マルエツ、ヤオコー との4社で「首都圏 SM 物流研究会」を発足

物流全般 2023.03.16

『首都圏 SM 物流研究会』の発足について


首都圏に店舗を展開するスーパーマーケット 4 社は、「2024 年問題」をはじめとする物流危機を回避し、地域の生活を支える社会インフラとしての責務を継続して果たすため、物流分野を各企業間の「競争領域」ではなく「協力領域」と捉えて、各社の協力による物流効率化を研究する『首都圏 SM 物流研究会』を発足する。


1. 発足の背景
2024 年 4 月からトラックドライバーの時間外労働の上限が規制され、ドライバーの労働時間短縮や人手不足による貨物輸送量の低下が懸念される、いわゆる『2024年問題』や、ECの配送増加などによる物流需給のひっ迫から、食品物流は将来的に商品が運べなくなる可能性があると言われている。
食品スーパーマーケットを含む食品産業は、地域の社会インフラとして「生活者へ途切れることのない食品供給」を維持する為、持続可能な物流の構築が必要となっている。
2. 発足の経緯
日本スーパーマーケット協会の首都圏正副会長会社である 4社は、2022年8月より「4社物流協議会」を立上げ、物流課題の解決に向けた議論を進めてきた。
その中で、この 4 社は首都圏に店舗・物流センター網を持ち、それぞれの立地も近接していることから、新たに『首都圏 SM 物流研究会』を発足し、企業間の壁を越えた物流の効率化に向けた研究を進めることとした。
3. 研究内容
各社協力による物流効率化策 および サプライチェーン全体の効率化につながる施策
4. 発足日
2023 年 3 月 16 日(木) (第 1 回研究会:4 月 12 日予定) 

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

http://www.lifecorp.jp/vc-files/pdf/newsrelease/others/20230316.2.pdf

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信