鴻池運輸/RPA ホールディングスとの共同出資シャインが長崎ビジネスセンターを開設|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

鴻池運輸/RPA ホールディングスとの共同出資シャインが長崎ビジネスセンターを開設

物流不動産・施設 2023.02.02

鴻池運輸・RPA ホールディングス共同出資「シャイン株式会社」
『長崎ビジネスセンター』開設
「デジパス」オペレーション拠点、2 月 1 日に開所式を実施 

鴻池運輸株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役会長兼社長執行役員:鴻池 忠彦) と RPA ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下 RPA ホールディングス)が共同出資するシャイン株式会社※1(本社:東京都港区、代表取締役:小河原 茂、以下 シャイン)は、紙帳票のデータ化サービス「デジパス」※2のオペレーション拠点「長崎ビジネスセンター」を、長崎県長崎市に開設しました。「長崎ビジネスセンター」は、2022 年 7 月 15 日に長崎県および長崎市と立地協定を締結後※3開設準備を進めていたもので、2023 年 2 月 1 日に営業開始し、本日開所式を実施しました。
※1 関連報道発表 2022 年 1 月 31 日 https://ssl4.eir-parts.net/doc/9025/ir_material12/178301/00.pdf
※2 関連報道発表 2022 年 5 月 24 日 https://ssl4.eir-parts.net/doc/9025/tdnet/2129990/00.pdf
※3 関連報道発表 2022 年 7 月 15 日 https://ssl4.eir-parts.net/doc/9025/tdnet/2158235/00.pdf
シャインは、2022 年 4 月より納品書、検品書類、伝票等のあらゆる紙帳票をデータ化するサービス「デジパス」を提供しています※4。これまで、デジパスのオペレーション拠点として、長崎市に仮事務所を設置し、業務を行っていましたが、今回の「長崎ビジネスセンター」開設により、人員・設備を増強し、大量の紙帳票を扱うお客さまの DX 化支援および業務負荷軽減や生産性向上に一層貢献してまいります。
※4 「デジパス」の販売は RPA ホールディングス子会社の、RPA テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:大角 暢之)が行っています。
■「長崎ビジネスセンター」概要

名称 長崎ビジネスセンター
所在地 長崎市御船蔵町 2-3 長崎駅前電気ビル 7 階
業務内容 紙帳票のデータ化サービス「デジパス」のオペレーション
業務開始日 2023 年 2 月 1 日
人員 10 名

■2月1日「長崎ビジネスセンター」開所式でのコメント(抜粋)
・長崎県知事 大石 賢吾(おおいし・けんご)氏
『シャインが提供する紙帳票の電子化サービス「デジパス」は、企業の生産性向上に大きく寄与するサービスであり、その魅力的なサービスのオペレーション拠点を長崎にかまえていただけるのは、人口流出が大きな課題となっている長崎県としてはとても期待度が高いものです。今後も積極的に長崎県内企業との連携を深めていただき、長崎県・長崎市の発展のためにお力添えをいただきたいと思っています。長崎県としても、「長崎ビジネスセンター」が円滑に運営され、発展できるよう可能な限り支援を行っていきます。』
・長崎市長 田上 富久(たうえ・とみひさ)氏
『長崎駅前電気ビルの第1号の入居者として、歴史を刻んでいただいたことを本当にうれしく思っています。「デジパス」は長崎だけでなく、多くの地域の中小企業の皆さんの助けになる技術だと考えていますし、その技術を長崎から提供できることを非常に誇らしく感じています。
この場所は長崎駅とスタジアムシティの真ん中にあって、これからますます注目され、長崎の中心になっていく土地です。そこから新しい時代に、新しい技術を使って世界・日本とつながっていくこと、そして地域の発展に関して、県そして産業振興財団とともに取り組んでいければと思っております。』
・シャイン 代表取締役 小河原 茂(おがわら・しげる)
『「100 年に一度の長崎県の変革の象徴である長崎駅近辺に、昨年完成したばかりの長崎駅前電気ビルに居をかまえ、シャインのビジネスの本格的なスタートを切ることができますことを大変うれしく思うとともに身の引き締まる思いです。
「デジパス」は文字認識ができれば、あらゆる紙のデータ化を実現します。電子帳簿保存法対応、健康診断書、アンケート、申込用紙等、色々な用途に活用いただいております。
データ化の最終工程、アノテーション(AIを賢くしていくための教師データ作成のこと)をこの地長崎で行うことで、微力ではありますが、長崎の人材活用とデジタル化推進の両面に寄与したいと考えております。』 

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信