Shippio/荷主向け貿易業務SaaS「Any Cargo」を正式リリース|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

Shippio/荷主向け貿易業務SaaS「Any Cargo」を正式リリース

物流システム 2023.01.25

Shippio、荷主向け貿易業務SaaS「Any Cargo」を正式リリース

他社シップメントも含めた貿易業務の一元管理で国際物流DXを加速

株式会社Shippio(本社:東京都港区、代表取締役CEO:佐藤 孝徳、以下 Shippio)は、国際物流プラットフォーム「Shippio(シッピオ)」の新サービスとして、昨年9月にベータ版として提供開始した貿易業務SaaS「Any Cargo」の正式提供を開始したことをお知らせいたします。「Any Cargo」の正式提供により、荷主企業が取り扱うすべての国際物流案件について、一覧での本船動静可視化や貿易書類・情報のクラウド上での一元管理が可能となり、国際物流業務全体の効率化を後押しいたします。

荷主向け貿易業務SaaS「Any Cargo」サービスページ

https://service.shippio.io/lp/cloud/anycargo


貿易業務SaaS「Any Cargo」は、荷主企業が取り扱う国際輸送の案件情報全体を「Shippio」のクラウドサービス上に取り込み、本船動静の自動更新や貿易書類・情報の一元管理を可能とするサービスです。


これまでは、「デジタルフォワーディング」利用のシップメントのみ、当社のクラウドサービス利用が可能でしたが、「Any Cargo」のリリースにより、他社フォワーディング案件についても、「Shippio」上で一元管理することが可能となりました(※1)。

通常、荷主企業が国際物流を手配する場合、複数のフォワーディング事業者への委託と、シップメントごとの煩雑な業務管理が発生します。以前より、他社のフォワーディング事業者が取り扱うシップメントについても、クラウド上で一元管理し、業務効率化を実現したいとのご要望を多くのお客さまよりいただき、この度の「Any Cargo」サービス開発と正式提供の実現にいたりました。

正式版の提供に合わせて、特にご要望の多かった本船動静については、自動トラッキング精度を上げるとともに、当初提供していたマスターBL番号によるトラッキングに加えて、コンテナ番号やブッキング番号でもトラッキングを可能とし、より精度高いトラッキングが可能となりました。

「デジタルフォワーディング」の提供と合わせて、他社案件の一元管理を実現する「Any Cargo」を提供することで、これまで以上に多くのシップメントをShippioが提供するクラウドプラットフォーム上で一元管理することが可能となります(※2)。

※1「Any Cargo」で利用できるサービスと「デジタルフォワーディング」で利用できるサービスは一部異なります。詳細は「Any Cargo」サービスページ(https://service.shippio.io/lp/cloud/anycargo)の「お問合せ」フォームよりお問合せください。
※2 サービス利用に際しては、「Any Cargo」単体で利用することも、従来の「デジタルフォワーディング」を併用利用することも可能です。

​​■貿易業務SaaS「Any Cargo」の特徴


1:本船動静自動トラッキングで国際物流全案件の可視化が可能に
海上輸送における本船動静を自動でトラッキングし、正しい日付(ETD/ATDやETA/ATA)および洋上にある本船位置などを自動で更新します。システムと手入力のハイブリッドによるデータ取得で、高い精度の自動トラッキング(※3)を実現します。

精度の高い本船動静自動トラッキングにより、「Any Cargo」上で、各シップメントの可視化と一元管理が可能となり、荷主企業はシップメントごとに本船スケジュールを各船社サイトで確認し、表計算ソフトなどに転記する、といった非効率で煩雑な業務が不要となります。

※3 海上輸送に特化し、FCLのみのトラッキング

 


2:貿易書類・情報をクラウド上で一元管理

シップメントごとに関係する書類・情報をクラウド上で一元管理することで、今までメールや表計算ソフトなどが混在し、情報の所在が分かりづらく必要な情報取得に手間がかかっていた業務の効率化を実現します。

「Any Cargo」では、書類をクラウド上にアップロードすることで、貿易書類・情報を一元管理することができます。煩雑な貿易書類のファイリング作業を簡素化でき、ペーパーレスとテレワークの活用を促進できます。また、クラウド上で一覧・検索できるため、税関の事後調査や社内監査時にも必要な書類に簡単にアクセスすることが可能です。


​3:チャット機能で社内での円滑なコミュニケーションを実現
営業や経理など社内他部門の担当者にアカウントを付与することで、社内の幅広い関係者が「Any Cargo」にアクセスすることができ、部門を越えての書類共有や、本船動静の確認がスムーズに行えるようになります。


また、シップメントごとにチャットでコミュニケーションが行え、会話の履歴参照もできるため、スピーディかつスムーズに詳細な状況を把握・確認することが可能です。

さらに、「Any Cargo」を国際物流業務のハブにすることで、貿易実務担当者に集中していた問い合わせを適切な担当に割り振ったり、各自がクラウド上で確認することで、社内の煩雑な問い合わせ工数を削減する効果も期待できます。


今後の開発計画としては、2023年内を目処に物流事業者向けのクラウドサービス提供を目指してまいります。これにより「Shippio」上で、荷主企業と物流事業者が円滑にコミュニケーションを行うことが可能となります。


今後もShippioは、国際物流のデジタル化・効率化を実現するサービス開発を進め、国際物流プラットフォーマーとして、国際物流のアップデートへの貢献に努めてまいります。


「Any Cargo」説明会のご案内
▼荷主向け貿易業務SaaS「Any Cargo」サービスページはこちら
https://service.shippio.io/lp/cloud/anycargo

▼Webiner(無料)のお申し込みはこちら
https://service.shippio.io/seminar/webinar20230206
日時: 2023年2月6日(月) 15:00~16:00
テーマ:【元SCM部長が語る!】 貿易業務効率化の先に見える世界線 ~サプライチェーン可視化の未来~
登壇者: 竹原 功将 (株式会社Shippio セールスマネージャー)
聴講料: オンライン(ZOOM)無料
 

株式会社Shippio について
Shippioは「理想の物流体験を社会に実装する」をミッションに掲げ、国際物流のDXを推進する、日本初のデジタルフォワーダー(※4)です。貿易システムの提供と、国際物流フォワーディング業務の提供を通じて、国際物流プラットフォームを構築し、国際物流領域のDXを推進いたします。
https://www.shippio.io/

※4 「デジタルフォワーダー」は株式会社Shippioの登録商標です。
 

会社概要
会社名:株式会社Shippio (英語名: Shippio, Inc.) 
所在地:東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング15階 
代表者:代表取締役 佐藤 孝徳 設立:2016年6月 
事業内容:デジタルフォワーディングサービスの企画・開発・運営
URL:https://www.shippio.io/corp/
お問い合わせ:info@shippio.io
取得ライセンス等:
第一種 貨物利用運送事業者(関自貨第1714号)、第二種 貨物利用運送事業者(国総国物第107号)、一般社団法人 国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)正会員、国際複合一貫輸送約款(2013)、WAYBILL約款(2013)、(国総国物第107号の2)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信