国土交通省/更なる内航海運の省エネルギー化に向けて1件の船型開発事業を採択|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

国土交通省/更なる内航海運の省エネルギー化に向けて1件の船型開発事業を採択

グリーン物流(環境) 2022.09.15

更なる内航海運の省エネルギー化に向けて1件の船型開発事業を採択しました
~連携型省エネルギー船舶の標準船型開発~

令和4年9月15日

 国土交通省及び経済産業省は、令和4年度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金(内航船の革新的運航効率化実証事業(標準的省エネルギー船舶開発調査))」の2次公募を実施し、外部有識者からなる審査委員会の審査を経て、1件の事業を採択しました。
 
 国土交通省及び経済産業省は、令和4年8月10日から9月1日にかけて、「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金(内航船の革新的運航効率化実証事業(標準的省エネルギー船舶開発調査))」※1の公募を実施しました。
 
○ 今般、外部有識者により構成された審査委員会において、事業者より応募のあった提案について審査を行った結果、1件の事業を採択しました。(別紙:採択事業)
 
○ 本事業では、標準的な省エネ船型の開発を行うとともに、開発した船型について省エネ性能の検証を行うこととしており、本事業で得られる省エネ性能等の情報については、「連携型省エネ船」の検討に取り入れていくことを予定しています。
 
※1 内航海運の省エネルギー化を推進するため、連携型エネルギー船舶の標準的な船型の開発を実施する事業者に対し、事業実施に必要な開発調査費を補助(補助率:定額)。

<新規採択事業[1]>
事業者名 三菱造船株式会社
事業名称 蓄電池を利用したハイブリッド電気推進499総トン一般貨物船及び499総トンタンカー標準船型の開発
事業概要 蓄電池を利用したハイブリッド電気推進を採用した総トン数499トンの一般貨物船及び総トン数499トンのタンカーの標準船型を開発し、内航海運業界が抱える脱炭素化を通して、船員の労働環境改善等の課題解決にも貢献する事業

 事業名称は、事業者からの申請に基づくものです。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信