日本郵船/社長・船機長懇談会を開催|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本郵船/社長・船機長懇談会を開催

物流全般 2022.09.14

社長・船機長懇談会を開催

重大事故ゼロを目指した安全運航について意見交換

当社は、9月9日、代表取締役社長の長澤仁志をはじめとする役員22名、陸上の営業や運航に携わる社員、そして船上・休暇中の海上社員を含む合計約170名による社長・船機長懇談会(以下、懇談会)を開催しました。昨年はコロナ感染の影響により完全オンライン形式でしたが、今年は対面とオンラインのハイブリット形式となりました。

懇談会は、当社が実施する安全キャンペーン「Remember Naka-no-Se」(注1)の一環として、1997年7月に発生した大型原油タンカーのダイヤモンドグレース号による東京湾内での油流出事故を教訓に、経営陣と現場の心理的距離感を縮め、意見を言いやすい職場環境を育み、安全活動の実効性を高めることを目的として「安全環境対策推進委員会」(注2)の委員長である長澤をはじめ、船舶運航の現場で指揮を執る船長・機関長と直接意見交換を行う場として、毎年実施しています。

今回の懇談会では、航海中の液化天然ガス(LNG)運搬船Grace Freesia(グレース・フリージア)並びに本社内会議室から、計7名の現役船長、機関長が参加し、コロナ禍における本船を取り巻く状況の共有、乗組員育成や、事故トラブル防止に関する提言など、多岐にわたる話題について活発な意見交換を行いました。長澤からは、「職場環境を含めた改善点を今後も提案して頂き、我々も経営陣の中でしっかりと議論していきたい。引き続き、高い意識を持って本船上でもESG経営を具現化し、安全運航を続けてもらいたい。」との発言がありました。

当社グループはESG経営実現のための目標の一つとして「重大事故ゼロを目指した安全の徹底」を進めています。また、「安全」を経営の根幹にある3つのマテリアリティの一つとして重要課題に掲げ、様々な施策に取り組んでおります。今後も安全管理体制の一層の強化に努めます。

懇談会の様子

LNG運搬船 Grace Freesia
【本船概要】
全長:297.160メートル
全幅:46.40メートル
積載容量:173,956 立方メートル
主機関:X-DFエンジン
建造造船所:現代三湖重工業株式会社 (韓国)
船籍:バハマ
竣工:2022年

当社グループは、ESGの経営戦略への統合を更に加速させることを掲げた、「NYKグループ ESGストーリー」(※)を2021年2月3日に発表し、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する活動を進めています。2022年3月24日には、2021年度のESG経営の具体的な取り組みと施策、超長期視点での持続可能な成長戦略を紹介する「NYKグループESGストーリー 2022」(※※)を発表しました。当社グループはESG経営を力強く推し進めるべく、「Sustainable Solution Provider」として新たな価値創造を推進してまいります。

※NYKグループESGストーリー
当社グループにおいて、ESGを経営戦略に統合するための考え方と具体的な取り組みを明示する指針。


※※NYKグループESGストーリー2022
「NYKグループESGストーリー」で掲げたESGの経営戦略への統合に向けた具体的な取り組みと、2021年度の施策を紹介した資料。

(注1)Remember Naka-no-Se
1997年7月2日に発生した原油タンカー「ダイヤモンドグレース」の東京湾中ノ瀬原油流出事故を教訓として、毎年7月1日から2カ月間、安全運航の重要性をすべての社員が再確認するために実施している安全キャンペーン。今年で25回目となる。本キャンペーン期間中には、今回のフリート安全推進会議を始め、社長と船長、機関長が意見交換を行う社長船機長懇談会や、船の座礁や衝突などの重大事故を模した重大事故対応訓練などを実施している。

(注) 安全環境対策推進委員会
安全対策及び環境問題に関する社長を委員長とする会議

関連プレスリリース

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信