Gaussy/シェアリング倉庫サービスWareXが倉庫への問い合わせ機能(引き合い送信機能)を大幅リニューアル|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

Gaussy/シェアリング倉庫サービスWareXが倉庫への問い合わせ機能(引き合い送信機能)を大幅リニューアル

物流システム 2022.09.14

シェアリング倉庫サービスWareXが倉庫への問い合わせ機能(引き合い送信機能)を大幅リニューアル

急いで倉庫を探すユーザーの利便性を向上

Gaussy株式会社(東京都港区、代表取締役社長:中村遼太郎)が運営するシェアリング倉庫サービス「WareX(ウェアエックス)」は、2022年9月14日に倉庫への問い合わせ機能(引き合い送信機能)を大幅リニューアルします。WareXに問い合わせをいただく利用者は急いで倉庫を探すことが多いため、必要な項目に絞ることで倉庫利用開始までの時間を短縮でき、利便性の向上につながります。

WareXサービスサイト:https://warex.ai/

 


今回の開発に至った背景
WareXは2021年5月の正式ローンチ以降、1パレットから大ロットまで、様々な荷主の寄託ニーズに対応してきました。

倉庫利用のニーズは荷主により様々です。WareXでは過去の引き合いデータを調査し、倉庫が見積もり提示に必要な項目を精査した結果、必要なのは2〜14項目であることが分かり、今回の大幅なリニューアルにつながりました。

今回リリースする問い合わせ機能について
今回リリースする倉庫への問い合わせ機能は、利用者の倉庫利用経験に合わせた使い方が可能です。

倉庫利用が初めての利用者は倉庫についての知識が充分でないことから、「品名」と「荷物情報の詳細(自由記述)」の2項目のみで見積もりを依頼できます。倉庫利用に習熟した利用者は任意項目を含む14項目を活用してより詳細な情報で倉庫に見積もりを依頼できます。

新しい問い合わせ機能で入力できる項目は以下の通りです。

必須項目
  • 品名
  • 荷物情報の詳細

任意項目
  • 保管温度帯
  • 入荷荷姿(サイズ、重量を含む)
  • 出荷荷姿(サイズ、重量を含む)
  • 最大保管数(パレット、ケース等、保管単位の情報を含む)
  • 直積み可否
  • 段積み可能数
  • 平均寄託価額
  • 保管開始予定日
  • 保管終了予定日
  • オプション作業の見積もり希望
  • 自由記述欄
  • 商品画像

 

WareXを提供するGaussy株式会社は、今後も倉庫利用に関わるデータについての検証を重ね、すべての企業が利用できる標準的な倉庫サービスの提供を目指して機能拡充に努めてまいります。

シェアリング倉庫サービス WareX(ウェアエックス)について 
WareXは、新しい形の倉庫利用サービスです。利用料金を確認して複数の倉庫へ一括で問い合わせ、すぐに倉庫の空き情報を確認できます。初期費用、月額費用は無料。使った分だけお支払いすれば良いので、手軽に利用できます。

【このような方におすすめ】
  • 急ぎなのに空いている倉庫が見つからない
  • 毎月固定賃料が発生するが、倉庫スペースを活用しきれていない
  • 営業倉庫免許を持つ安心安全な倉庫を使いたい

【サービスサイト】
シェアリング倉庫サービスWareX: https://warex.ai/

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信