ZOZO研究所/拠点間輸送を最小化する在庫配置研究がオペレーションズ・リサーチ学会第42回「事例研究賞」を受賞|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

ZOZO研究所/拠点間輸送を最小化する在庫配置研究がオペレーションズ・リサーチ学会第42回「事例研究賞」を受賞

物流システム 2022.09.14

ZOZO研究所、拠点間輸送を最小化する在庫配置研究がオペレーションズ・リサーチ学会第42回「事例研究賞」を受賞

~ 数理最適化を複雑な業務全体で適切に用い、意思決定に活用した点が評価 〜

株式会社ZOZO NEXT(本社:千葉県千葉市 代表取締役CEO:澤田 宏太郎 以下、ZOZO NEXT)の研究開発組織「ZOZO研究所(以下、当所)」が研究をおこなった「物流倉庫拡張後の拠点間輸送を最小化する在庫配置」が、オペレーションズ・リサーチ学会において第42回事例研究賞を受賞したことをお知らせいたします。

 


株式会社ZOZO NEXT(本社:千葉県千葉市 代表取締役CEO:澤田宏太郎 以下、ZOZO NEXT)の研究開発組織「ZOZO研究所(以下、当所)」が研究をおこなった「物流倉庫拡張後の拠点間輸送を最小化する在庫配置」が、オペレーションズ・リサーチ学会において第42回事例研究賞を受賞したことをお知らせいたします。

本研究は当所リードである千代竜佑が、2020年3月〜6月頃にかけて実施した当社内のプロジェクトについて、2021年9月に同学会、秋季研究発表会内で開催された企業事例交流会にて研究発表したものです。ZOZOグループの4ヵ所目の物流倉庫であるZOZOBASEつくば2の稼働開始に向けて、出店ショップの在庫納入先を稼働中の倉庫から新倉庫に変更し、充填率を平準化し拠点間輸送を最小化する在庫配置をおこなうための課題を数理最適化としてモデル化することで、実務での意思決定に活用しました。

今回受賞した「事例研究賞」は、オペレーションズ・リサーチの優れた事例研究に対して贈られる賞です。本研究は、当社の物流拠点新設にあたり、高度な技術を用いずともインパクトの大きな意思決定にオペレーションズ・リサーチを活用できることがわかる事例です。さらに、運用面における工夫も評価され、数理最適化を複雑な業務全体の中の適切な部分で活用することの重要性が多くの実務家の参考となる事例研究として選ばれました。


本研究の詳細に関しては下記よりご覧ください。

■対象研究:物流倉庫拡張後の拠点間輸送を最小化する在庫配置
(オペレーションズ・リサーチ学会2021秋季研究発表会アブストラクト集)
URL:https://orsj.org/nc2021f/wp-content/uploads/sites/2/2021/09/2021f-1-E-7.pdf

■学会HP:https://orsj.org/

<株式会社ZOZO NEXTについて>
ZOZO NEXTは「Create the future of fashion and the next big thing.」をミッションに掲げ、ファッション領域におけるユーザーの課題を想像しテクノロジーの力で解決することで、より多くの人がファッションを楽しめる世界の創造を目指しています。ファッションを数値化し、科学的に解明するための研究機関「ZOZO研究所」やファッションの未来に影響を与える6領域のテーマでZOZOグループの新規事業の創出を目的とする「MATRIX」などでR&Dをおこなっています。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信