東海電子/プリンタ内蔵記録型アルコール検知器の出荷実績が累計9,600台を超える|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

東海電子/プリンタ内蔵記録型アルコール検知器の出荷実績が累計9,600台を超える

物流システム 2022.09.14

【累計9,600台を超えた!】社員証でアルコールチェックができる『プリンタ内蔵記録型アルコール検知器ALC-miniⅣ』最新実績2022年9月14日

法人アルコールチェック義務化専用器として最適。IC社員証・IC運転免許証・交通系ICカードに対応。

アルコール検知システム、IT点呼システム、遠隔点呼システム、運行管理システムを開発・販売する東海電子株式会社(本社:静岡県富士市 代表取締役 杉本 哲也)は、発売から5年経過したICカード・IC運転免許証対応プリンタ型アルコール検知器ALC-miniⅣの出荷実績をお知らせ致します。
1.ALC-miniⅣ 発売から5年

ALC-miniⅣは、2017年9月1から発売を開始し5年が経過し、累計9千台を超えました。当初ID認証は運転免許証のみでしたが、2021年からNFC・ICカード全般に対応したこと、また、2022年から安全運転管理者選任事業所へのアルコールチェックが義務化されたことを受け(現在延期となっている)、5年目は3,900台を超え、結果、累計9,600台を超える実績となりました。

2017年5月24日 ALC-miniⅣ発売のご案内
https://www.tokai-denshi.co.jp/app/usr/topics/file/363_20170524102532_topic_file.pdf?_ga=2.203695952.1389183259.1662943326-1446945701.1602563961

【ALC-miniⅣ発売後5年 累計9,613台】


【ALC-miniⅣ 発売後5年業種】


2.白ナンバー飲酒検査義務化による、業種実績の変化
2021年9月、白ナンバーアルコールチェック義務化決定以後、ALC-miniⅣの業種実績に変化が出てきました。これまでは緑ナンバートラックが7割を締めていましたが、ここ1年は、白ナンバー事業者とほぼ逆転しています。

【ALC-miniⅣ 緑ナンバーと白ナンバー比率】


道路交通法の改正でアルコールチェックが義務化されたのは安全運転管理者選任事業所でした。業種は次のようにさまざまです。


3.かざす、はかる、残す ALC-miniⅣ IC 特設サイト
本製品のカタログ及び詳細につきましては、ALC-miniⅣ IC特設サイトをご確認ください
https://www.tokai-denshi.co.jp/lp/ALC-miniIVIC/

■本件に関する問い合わせ先:東海電子株式会社 営業部
E-mail:info@tokai-denshi.co.jp

■東海電子は安全・安心な社会へ向けて無料オンラインセミナーを開催しています
https://www.tokai-denshi.co.jp/app/exhibitions/index

■点呼機器及びアルコール検知器を開発・販売する東海電子は、
社会の「安全」「安心」「健康」を創造し、 社会に貢献する企業です。
東海電子コーポレートサイト: https://www.tokai-denshi.co.jp/
東海電子公式 EC サイト : https://shop.tokai-denshi.co.jp/
東海電子メディアサイト : https://transport-safety.jp/

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信