ユーピーアール/7社による生産工場から店舗に至るまでのサプライチェーン全体における先端DXソリューションが多数集結する「DXデポ」が9月に「GLP ALFALINK相模原」内にオープン|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

ユーピーアール/7社による生産工場から店舗に至るまでのサプライチェーン全体における先端DXソリューションが多数集結する「DXデポ」が9月に「GLP ALFALINK相模原」内にオープン

物流全般 2022.08.08

物流課題の解決に直結する先端DXソリューションが多数集結「DXデポ™」 2022年9月にオープン予定~7社によるオープンイノベーションを実現~

ユーピーアール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:酒田義矢)は、生産工場から店舗に至るまでのサプライチェーン全体における先端DXソリューションが多数集結する「DXデポ™」(※)を、本年9月に「GLP ALFALINK相模原」内にオープンいたします(※商標申請中)。
「DXデポ™」では、物流業界全体が抱える様々な課題の解決に直結する先端DXソリューションを体系的にわかりやすく示します。また、「DXデポ™」には協力会社として佐川グローバルロジスティクス株式会社、株式会社豊田自動織機、プラスオートメーション株式会社、長野日本無線株式会社、日本GLP株式会社等が参画し、物流の川上から川下までのあらゆる課題解決に取り組む企業同士のオープンイノベーションの実現を目指します。


「DXデポ™」オープン背景

昨今のEC需要の拡大により物量が増加する一方、物流業界では少子高齢化による労働力不足や長時間労働などを早急に解決し、「持続可能な物流」を実現することが求められています。国土交通省発表の「総合物流施策大綱(2021年度~2025年度)」では、今後取り組むべき施策として「物流DXや物流標準化の推進によるサプライチェーン全体の徹底した最適化(簡素で滑らかな物流の実現)」が挙げられていますが、多くの企業で取り組みが遅れているのが実状です。

当社はこれまでお客様の抱える課題に向き合い、様々な先端DXソリューションを開発・提供してまいりました。それらのソリューションや現在開発中の商材および、協力会社の有する先端DXソリューションを集結させ、物流課題に直面する多くのお客様のための課題解決策を提案する場として、「DXデポ™」をオープンする運びとなりました。

当社は、日本GLPが展開する「ALFALINK」のコンセプト"創造連鎖"を体現し、複数の先端企業が参画する「DXデポ™」をプロデュースすることで、物流業界の価値創造に繋がるDXソリューションの創出に尽力してまいります。


■詳細 (内容は変更となる可能性があります)
名称:「DXデポ™」
所在地:GLP ALFALINK相模原1 5階
(神奈川県相模原市中央区田名字赤坂3700-1)
展示数:全21商材を予定 ※2022年8月1日時点、随時更新予定

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信