澁澤倉庫/経常利益は前年比17・8%増(2023年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

澁澤倉庫/経常利益は前年比17・8%増(2023年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2022.08.05

2023年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            営業収益  営業利益  経常利益 当期純利益

2023年3月期第1四半期 18,648 7.1  1,070 △2.4  1,540 17.8  1,079 21.5
2022年3月期第1四半期 17,405 8.1  1,097 24.1   1,307 21.2  888 6.2
(注)包括利益 2023年3月期第1四半期 1,234百万円 (4.7%) 2022年3月期第1四半期 1,179百万円 (△10.2%)

(略)

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、社会経済活動が正常化に向かうなかで、景気の持ち直しが期待されたものの、ウクライナ情勢の長期化や中国における経済活動抑制の影響等を背景に、エネルギー・原材料価格の上昇や供給面での制約に加えて、急激な金融市場の変動等の景気下振れ要因があり、依然として先行き不透明な状況で推移しました。
このような経済情勢にあって、物流業界では個人消費や企業の設備投資に持ち直しの動きが見られたものの、国内貨物・輸出入貨物の荷動きはともに低調に推移しました。また、不動産業界では都市部におけるオフィスビルの空室率は高い水準を維持し、賃料相場も下落傾向が継続するなど、厳しい状況が続きました。
こうした事業環境のもと、当社グループは、3ヵ年の中期経営計画「澁澤倉庫グループ中期経営計画2023」で掲げた事業戦略に基づき、物流事業においては、競争力のある物流サービスの提供や業域の拡大に向けて、国内外における新規営業活動を推進し、新たな拠点を開設したほか、業務の効率化や採算性の向上に一層努めてまいりました。また、不動産事業においては、既存施設の計画的な保守および改良工事を実施し、安定的な収益基盤の維持強化に努めました。
この結果、当第1四半期連結累計期間の営業収益は、物流事業で、国際輸送業務、陸上運送業務、港湾運送業務の取扱量が増加したことに加えて、海上・航空運賃単価が高値で推移したほか、不動産事業で不動産賃貸収入やビル管理業務が増加したことにより、前年同期比12億4千2百万円(7.1%)増の186億4千8百万円となり、営業利益は、物流事業で営業費用が増加したことにより、同2千6百万円(2.4%)減の10億7千万円、経常利益は、持分法による投資利益や保有株式の受取配当金増加により、同2億3千3百万円(17.8%)増の15億4千万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同1億9千1百万円(21.5%)増の10億7千9百万円となりました。


当社グループのセグメントの概況は、次のとおりであります。
① 物流事業
倉庫業務は、化粧品や機械部品の流通加工業務が増加したものの、日用品の取扱いが低調に推移したことにより、営業収益は前年同期比5千9百万円(1.5%)減の39億4千5百万円となりました。
港湾運送業務は、船内荷役業務が増加したほか、輸出荷捌業務が好調に推移したことにより、営業収益は前年同期比7千7百万円(4.9%)増の16億6千2百万円となりました。
陸上運送業務は、飲料や輸入貨物の輸配送業務が増加したことにより、営業収益は前年同期比1億2千7百万円(1.6%)増の80億3千5百万円となりました。
国際輸送業務は、輸入航空貨物、輸出海上貨物、香港、ベトナム、上海の海外現地法人の取扱いが増加したほか、海上・航空運賃単価が高値で推移したことにより、営業収益は前年同期比9億7千2百万円(50.6%)増の28億9千6百万円となりました。
その他の物流業務は、横浜地区でR&D施設賃貸業務や物流施設賃貸業務を開始したことにより、営業収益は前年同期比4千9百万円(8.7%)増の6億1千5百万円となりました。
この結果、物流事業全体の営業収益は前年同期比11億6千6百万円(7.3%)増の171億5千6百万円となりました。営業費用は、取扱い増加に伴う作業費、海上・航空運賃や燃油費のほか、施設賃借費用等が増加したことにより、前年同期比11億8千1百万円(7.8%)増の163億5千9百万円となりました。以上により、営業利益は前年同期比1千5百万円(1.9%)減の7億9千6百万円となりました。


② 不動産事業
施設の稼働率向上に伴う不動産賃貸収入や、ビル管理業務が増加したことにより、営業収益は前年同期比1億1百万円(7.0%)増の15億5千1百万円となりました。営業費用は、単価上昇による光熱動力費や、ビル管理業務費が増加し、前年同期比6千6百万円(9.2%)増の7億8千5百万円となりました。以上により、営業利益は前年同期比3千5百万円(4.8%)増の7億6千6百万円となりました。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信