ラピュタロボティクス/ピッキングアシストロボットの市場調査2022年度版でトップシェアの49%を達成|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

ラピュタロボティクス/ピッキングアシストロボットの市場調査2022年度版でトップシェアの49%を達成

物流システム 2022.08.04

ラピュタロボティクス、市場シェア3年連続1位を獲得!ピッキングアシストロボットの市場調査2022年度版でトップシェアの49%を達成(2021年度実績)

 ロボティクス・プラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャ・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有賀章)が発刊する市場調査レポート「サービスロボットソリューション市場展望 2022年度版(※)」において、2021年度実績でトップシェア49%を達成いたしました。加えて、2022年度見込みでも市場シェアトップの46.2%を達成し、これにより3年連続で販売シェア1位を獲得したことをお知らせいたします。

※デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社「サービスロボットソリューション市場展望 2022年度版」ピッキングアシストロボット市場シェア・推移 https://mic-r.co.jp/mr/02360/

 本レポートは、デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社がピッキングアシストロボットを提供する各社を対象に、出荷台数、売上、シェアなどの項目を調査したものです。レポートでは、withコロナで拡大するサービスロボットベンダに注目し、ハードウエア/プラットフォーム/サービス別、用途別、対象業種別、ユーザー規模別に市場を捉え、各社の動向を明らかにし、ロボットメーカー、SIer、プラットフォーマーなどの事業計画、戦略立案に資することを調査目的としています。

 ピッキングアシストロボット市場では、倉庫内のピッキング作業を人と共同で行うAMRを対象に調査が実施されました。2021年度の調査では、ラピュタロボティクスが市場全体の約半数となる49%のトップシェアを達成。さらに、2022年度見込みとして46.2%のトップシェアを達成し、3年連続でシェア1位を獲得いたしました。

協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」

 当社は、倉庫関係企業様より毎月200件を超える製品紹介の希望をいただいており、そこからもピッキングアシストロボットへの高い注目度がうかがえます。

 ラピュタロボティクスが展開するピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」は、作業スタッフと協働でピッキングを行い、荷物の搬送の代行とピッキングルートの最適化を図ることで、生産性向上とピッキングスタッフの歩行時間削減を可能とする最新のロボティクスソリューションです。少量多品種の小物を扱っているBtoBのパーツセンターから1ピックあたりの品数が多い日雑品の卸倉庫まで、さまざまな業界のニーズに対応しています。

 当社では、今後も「ラピュタPA-AMR」の機能強化に加えて、ロボットを連携させることで人々の生活を豊かにすることを目指し、ロボティクス業界をリードしてまいります。

【調査概要】
・調査対象:ロボットメーカー及び海外製ロボットの国内総代理店、プラットフォームベンダ 33社
・調査方法:専門調査員による、調査対象先への直接面接及びオンラインWeb会議調査。
・調査・分析期間:2022年3月〜2022年5月
・企画制作:デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社

◾️ラピュタロボティクス株式会社について
 ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(「Making robotics attainable and useful for anyone」)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」の開発と、「rapyuta.io」を弊社自身で活用した、ロボットソリューションの開発・導入・運用を行っています。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信