日本郵船/シンガポールのオフグリッド域における潮流発電実証事業に参画|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本郵船/シンガポールのオフグリッド域における潮流発電実証事業に参画

グリーン物流(環境) 2022.08.04

シンガポールのオフグリッド域における潮流発電実証事業に参画

脱炭素化に向け海洋再生可能エネルギーの商用化を目指す

当社は、Bluenergy社(注1)が実施するシンガポールでのオフグリッド域(注2)における潮流発電(注3)実証事業に参画します。

1. 背景

当社はこれまで、中期経営計画"Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green"に基づき、グリーンビジネスの創出に取り組んでまいりました。2019年にはシンガポール島とセントーサ島をつなぐ橋(セントーサ・ボードウォーク)において、シンガポール初となる潮流発電実証事業に参画しています。

2. 本実証事業について

電力会社の送電網(グリッド)につながっていない"オフグリッド域"における、潮流発電実証事業です。
潮流発電は、気象条件等に影響を受ける風力発電などとは異なり、年間を通じて水量・方向が安定している潮流を利用するため、発電量の予測が立てやすい非常に効率的な再生可能エネルギーです。当社は、本実証事業の発電データから発電効率、蓄発電コストの試算、蓄電装置の検証等を進めます。

3. Bluenergy社について

Bluenergy社は、発電・蓄電・配電を統合した海洋再生可能エネルギーのソルーションプロバイダーです。同社が独自に開発したBi-Directional構造(注4)の発電タービンは既に試験段階に入っており、並列・複数設置において年間1ギガワット時の電力を生産することが可能なうえ、小型であるために設置場所の制約を受けづらいという特徴があります。

発電用のタービン

4. 今後の展開

当社は2022年4月にESGブランド「NYK GREEN EARTH」(注5)を立ちあげました。本実証事業で得られた知見を活かし、海洋再生可能エネルギーの商用化に取り組むことで、企業と社会の持続的な発展・成長とともに、新たなエネルギーバリューチェーンの構築を目指します。

当社グループは、ESGの経営戦略への統合を更に加速させることを掲げた、「NYKグループ ESGストーリー」(※)を2021年2月3日に発表し、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する活動を進めています。2022年3月24日には、2021年度のESG経営の具体的な取り組みと施策、超長期視点での持続可能な成長戦略を紹介する「NYKグループESGストーリー 2022」(※※)を発表しました。
当社グループはESG経営を力強く推し進めるべく潮流発電をはじめとした再生可能エネルギーの研究・活用に積極的に取り組み、「Sustainable Solution Provider」として新たな価値創造を推進します。

※NYKグループESGストーリー
当社グループにおいて、ESGを経営戦略に統合するための考え方と具体的な取り組みを明示する指針。詳細は以下プレスリリースよりご覧いただけます。
https://www.nyk.com/esg/esg-story/

※※NYKグループESGストーリー
「NYKグループESGストーリー」で掲げたESGの経営戦略への統合に向けた具体的な取り組みと、今年度の施策を紹介した資料。詳細は以下リンクよりご覧いただけます。
https://www.nyk.com/news/2022/20220324_01.html

(注1)Bluenergy Solutions Pte Ltd
ウェブサイト:https://www.thebest.energy/

(注2)オフグリッド域
電力会社の送電網につながっていないエリアのこと。

(注3)潮流発電
海洋の潮力のエネルギーを利用して発電を行うこと。発電の予測が可能で気象・海象による影響が少ない。

(注4)Bi-Directional構造
満潮・干潮の双方向の流れを利用して効率よく発電することができる。

(注5)NYK GREEN EARTH
日本郵船のグリーンビジネスを通じた、低・脱炭素に向けた新しい価値創造の取り組みを対象としたブランド。

関連プレスリリース

当社の再生可能エネルギーの取り組み

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信