IHI/綾瀬スマートインターチェンジに隣接、「MFLP東名綾瀬」が竣工|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

IHI/綾瀬スマートインターチェンジに隣接、「MFLP東名綾瀬」が竣工

物流不動産・施設 2022.08.04

綾瀬スマートインターチェンジに隣接、「MFLP東名綾瀬」が竣工

国内物流施設初、官民学連携により屋上にアルミデッキヘリポートを設置

本リリースのポイント
〇綾瀬スマートインターチェンジ隣接地に、IHIと三井不動産が共同開発した「MFLP東名綾瀬」が竣工。
〇綾瀬市との協定締結、東海大学との連携により、物流施設では国内初※1のアルミデッキヘリポートを屋上に設置し、ドクターヘリや消防ヘリによる救命救急に貢献。
○施設内ではIHI主導で入居テナントに対するマテリアルハンドリング等の機械化を促進し、省人化に寄与。
○建物デザインはオーストラリアのJackson Teeceによる地域環境に配慮した特徴的なデザインを採用。


 株式会社IHI(所在:東京都江東区 代表取締役社長 井手博)と三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、共同事業として開発を進める神奈川県綾瀬市所在の「MFLP東名綾瀬」が来る2022年8月14日に竣工しますのでお知らせいたします。

<MFLP東名綾瀬 外観>

<MFLP東名綾瀬 外観>

< アルミデッキヘリポート

< アルミデッキヘリポート

※1 2022年7月28日時点、エアロファシリティー ㈱調べ

1.2021年3月末開通の「綾瀬スマートインターチェンジ」隣接、抜群の交通アクセス

 「MFLP東名綾瀬」は、東名高速道路「綾瀬スマートインターチェンジ」に隣接の大変希少性の高い立地に位置しております。都内へのアクセスのみならず、圏央道を活用した関東圏広域への配送に加え、東名高速道路による西日本への配送もカバーし広域物流へも対応可能であり、物流施設として優れた立地となっております。

2.国内物流施設初、官民学連携によりドクターヘリポートを設置し救命救急に貢献
 「MFLP東名綾瀬」は、敷地面積:約27,000㎡ 延床面積:約61,000㎡、各階フロアは約15,000㎡の施設規模となります。施設屋上には国内物流施設では初となるアルミデッキヘリポートを綾瀬市との協定締結により設置し、綾瀬市消防、東海大学医学部付属病院高度救命救急センターと連携いたします。

 綾瀬市消防は災害のない安全で安心して暮らせるまちづくりを目指しており、東海大学医学部付属病院高度救命救急センターは神奈川県全域および山梨県南部の救命救急医療に貢献しています。「技術をもって社会の発展に貢献する」IHIと「街づくりを通じて社会課題の解決を推進する」三井不動産とともに、官民学が連携し、今回のヘリポート設置に至りました。

 2022年7月28日に施設屋上にてドクターヘリの離発着訓練を実施済みであり、稼働は2022年8月中旬を予定しております。平時はドクターヘリ等による救命救急、災害時には支援人員・支援物資等の防災拠点にもなる拠点として活用いただき、物流施設の開発を通じて地域の救急医療体制の向上等に貢献してまいります。

< アルミデッキヘリポート

< アルミデッキヘリポート

< ドクターヘリ訓練の様子

< ドクターヘリ訓練の様子

3.入居テナントに対するマテリアルハンドリング等の機械化を促進
 「MFLP東名綾瀬」ではIHIグループ会社の株式会社IHI物流産業システム協力のもと、入居テナントに対し、マテリアルハンドリング等の機械化提案を実施。テナントニーズに合わせ、機械化導入による省人化に寄与いたします。

<テナント専有部>


4.周辺環境と調和した特徴的な建物デザイン

 建物外壁デザインは、オーストラリアのデザイン会社Jackson Teeceによる周辺環境と調和した特徴的な建物デザインを採用。南東面は綾瀬市の木に選定されている紅葉をモチーフとし、北西面は青空と一体感を醸成することで綾瀬スマートインターチェンジ玄関口にふさわしい、綾瀬市を象徴するデザインをモチーフとしました。西側共用部には富士山を一望できる開放的なラウンジ空間を創出しました。また、環境に配慮し、屋上には太陽光パネル(コーポレートPPA事業を予定)を設置し、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Aクラス、DBJ Green Building認証5スターを取得予定です。

<綾瀬スマートインターチェンジ近接><綾瀬スマートインターチェンジ近接>

<南東外壁面には綾瀬市の木「紅葉」をモチーフにしたデザイン>

<南東外壁面には綾瀬市の木「紅葉」をモチーフにしたデザイン>

【施設概要】

名  称    :三井不動産ロジスティクスパーク東名綾瀬(MFLP東名綾瀬)
所  在    :神奈川県綾瀬市小園字下原720-1他
敷地面積    :27,052.5㎡
延床面積    :61,441.94㎡
規模・構造   :地上4階建て・S造・耐震構造
設計者・施工者 :株式会社錢高組
着  工    :2021年3月16日
竣  工    :2022年8月14日

【位置図】


【各社概要】
■株式会社IHIの不動産開発事業について
 IHIグループの保有不動産のポテンシャルを最大限に引き出すべく、全国の事業所・社宅跡地等を開発し、賃貸事業、分譲事業を展開してまいりました。造船工場跡地の豊洲では、都心最大級の再開発事業を主導しており、地域のまちづくり団体や企業と連携し、最新技術等を活かした持続可能なまちづくりを目指しております。また、バイオマス発電やメガソーラー発電事業を展開し、近年は東京都江東区の砂町地区でのXフロンティアはじめとした首都圏での物流施設事業にも注力し、環境対応・社会貢献に取り組んでいます。
・IHIグループのESG経営
 2020年に発表した「プロジェクトChange」の力点である 「ESGを価値観の軸においた社会・環境に配慮した適切な経営」 に向けて,当社グループが考えるESG経営と取組みを示しています。
2021年12月には,その詳細について記載した「IHI ESG STORYBOOK」を発表しました。
https://www.ihi.co.jp/csr/esg/index.html

■三井不動産の物流施設事業について
 三井不動産は、2012 年 4 月に物流施設事業部(現 ロジスティクス本部)を立ち上げ、物流施設開発に取り組んでおります。現在では、「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)」を旗艦ブランドとして、「MFLP 船橋Ⅰ」や 「MFLP 茨木」など、国内外で開発・運営施設 53 物件を展開しております。「ともに、つなぐ。ともに、うみだす。」を事業ステートメントとして掲げ、入居企業の皆さまの課題解決パートナーとして、多種多様なヒト・モノ・コトをつなげること、既存の枠にとらわれない価値づくりに挑戦してまいります。
 https://www.mitsuifudosan.co.jp/
・三井不動産グループの脱炭素社会実現に向けた取り組み
 「脱炭素社会実現に向けたグループ行動計画」を策定し、推進しています。
 https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/1124/
・「三井不動産9BOX感染対策基準」について
 新型コロナウイルス感染症対策として、グループ共通の「三井不動産9BOX感染対策基準」を策定しており、当計画にも適用してまいります。
 https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/1001_01/

【SDGsについて】
2015年の国連サミットで採択された2030年に向けての国際目標 「SDGs:持続可能な開発目標」。17の目標と169のターゲットが定められており、様々な主体の連携による取り組みが必要となっております。

なお、本リリースの取り組みは、SDGsにおける3つの目標に貢献しています。
目標3  すべての人に健康と福祉を
目標7  エネルギーをみんなにそしてクリーンに
目標8  働きがいも経済成長も

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信