日本郵船/「海洋都市横浜うみ博 2022~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」で海の魅力を発信|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本郵船/「海洋都市横浜うみ博 2022~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」で海の魅力を発信

物流全般 2022.08.03

横浜の大さん橋から巨大な自動車専用船を見てみよう!

「海洋都市横浜うみ博 2022~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」で海の魅力を発信

当社自動車専用船が、8月6日(土)・7日(日)の「海洋都市横浜うみ博2022~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」(うみ博)の期間中、横浜の大さん橋に着岸します。当社は、他にも大さん橋デッキでの船の説明や市役所イベント会場での講演会・操船シミュレータ体験などを実施し、海や海運業の魅力を伝えます。

うみ博は、「海洋都市横浜うみ協議会」(注1)が幅広い年代の方々に多彩な海の魅力を体験してもらうことを目的として実施するイベントで、当社は2016年の開催以来協賛をしています。今年は3年ぶりに実会場(横浜市役所アトリウム、大さん橋ふ頭基部ロータリー)での開催となります。(注2)。

着岸中の全長200メートルの自動車専用船の詳細は、大さん橋デッキで当社船員より説明を聞くことができます。また、市役所イベント会場での講演会・操船シミュレータ体験など、来場者に海運業を見近に感じてもらうプログラムも実施します。
 
2020年、2021年と開催された「バーチャルうみ博」は今年も開催されます。海運業の今と未来に関する動画や、夏休みの自由研究にもなる子ども向けコンテンツを公開します。

クリックするとイベントサイトへ移動します。

大さん橋と自動車専用船(2018年うみ博の様子)

当社グループは今後もこのような機会を通し、次世代を担う子どもたちに海運業界や船舶の魅力を伝え、親しみを感じてもらえるよう活動していきます。

(注1)海洋都市横浜うみ協議会:当社を含む海洋に関する32団体が2015年に設立。
産官学連携により 海洋に関する活動の総合的な情報発信、市民の海に関する理解・関心の向上、海洋環境の保全、海洋産業の振興などに取り組んでいる。

(注2)2020、2021年は新型コロナウイルス感染拡大防止によりウェブで「バーチャルうみ博」として開催。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信