日本郵船/JERA向け内航石炭専用船が竣工|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本郵船/JERA向け内航石炭専用船が竣工

物流全般 2022.08.01

JERA向け内航石炭専用船が竣工

外航・内航をシームレス連携、輸送の効率化実現

当社が建造発注した石炭専用船「うしお」(以下「本船」)が7月31日、本田重工業株式会社(東京都千代田区)の佐伯工場(大分県佐伯市)で竣工しました。先立って行われた命名式には株式会社JERA(東京都中央区、以下「JERA」)の水谷 真人 最適化統括部燃料オペレーション部部長をはじめとする関係者と、当社常務執行役員の鹿島伸浩らが出席しました。

本船は当社グループにとって初のJERA向け内航石炭専用船です。JERAと当社の運送契約に基づいて当社グループのアジアパシフィックマリン株式会社が運航し、海外から外航船で東京湾内の中継基地に輸送された石炭を、横須賀火力発電所向けに供給する2次輸送に従事する予定です。粉じん対策のため、貨物倉の蓋に該当するハッチカバーを密閉して揚げ荷役を行うことができるなど、環境に配慮した設計となっています。

当社グループは、本船の運航を通じて外航海運分野と内航海運分野をシームレスに連携させた新たなサービスを提供するとともに、東京湾内の効率的な2次輸送ネットワークを実現し、エネルギーの安定輸送に貢献します。

また本船は、今後懸念される内航海運業界での船員の⼈材不⾜や長時間労働の解決を視野に、将来的な自律運航船の実現に向けた運航データの収集を行い、自律運航船の研究開発に還元していきます。

前列左から
7番目 : JERA 水谷 真人 最適化統括部 燃料オペレーション部 部長
5番目 当社常務執行役員 鹿島伸浩
※撮影時のみマスクを外しています。

竣工した本船「うしお」

当社グループは、ESGの経営戦略への統合を更に加速させることを掲げた、「NYKグループ ESGストーリー」(※)を2021年2月3日に発表し、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する活動を進めています。2022年3月24日には、2021年度のESG経営の具体的な取り組みと施策、超長期視点での持続可能な成長戦略を紹介する「NYKグループESGストーリー 2022」(※※)を発表しました。当社グループはESG経営を力強く推し進めるべく、「Sustainable Solution Provider」として新たな価値創造を推進してまいります。

※NYKグループESGストーリー
当社グループにおいて、ESGを経営戦略に統合するための考え方と具体的な取り組みを明示する指針。

※※NYKグループESGストーリー2022
「NYKグループESGストーリー」で掲げたESGの経営戦略への統合に向けた具体的な取り組みと、2021年度の施策を紹介した資料。詳細は以下リンクよりご覧いただけます。

<本船概要>
全長 : 126.99m
全幅 : 24.00m
総トン数 : 9,714トン
載貨重量トン数 : 8,647トン
造船所 : 本田重工業株式会社
船籍 : 徳島県阿南市

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信