三菱商事/三菱商事ロジスティクス、東京大学協創プラットフォーム開発、プロロジス、三井不動産、三菱HCキャピタル、三菱地所と倉庫産業DXの実現をめざす共同事業へ参画|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

三菱商事/三菱商事ロジスティクス、東京大学協創プラットフォーム開発、プロロジス、三井不動産、三菱HCキャピタル、三菱地所と倉庫産業DXの実現をめざす共同事業へ参画

物流全般 2022.07.01

倉庫産業DXの実現をめざす共同事業への参画について

業界横断でのパートナーシップにより倉庫産業が直面する課題を解決

三菱商事、三菱商事ロジスティクス、東京大学協創プラットフォーム開発(以下、「東大IPC」)、プロロジス、三井不動産※、三菱HCキャピタル、三菱地所の7社は、本日、倉庫産業DXの実現に向けた共同事業に参画したことをお知らせします。三菱商事は、本日付で、自社で進めてきた倉庫産業DX事業を新設子会社であるGaussy(読み:ガウシー)に譲渡し、6社のパートナーがGaussyに出資参画いたしました。Gaussyは、三菱商事が2020年にサービス提供を開始した倉庫ロボットのサブスクリプションサービス"Roboware"並びに、シェアリング倉庫サービス"WareX"を提供し、多様な産業の倉庫ユーザーと倉庫事業者をつなぐプラットフォームの構築をめざします。

※ 出資母体は31VENTURES Global Innovation Fund 2号(三井不動産のコーポレートベンチャーキャピタル)。
倉庫産業が直面する課題
生産者から消費者をつなぐサプライチェーンは、保管と輸送を組み合わせた物流機能で成り立っています。その要所を成す国内倉庫市場は約7兆円の市場規模を有しますが、労働力不足や属人化、長期契約によってそのキャパシティが固定化し、多様な産業のビジネスシーンでムリ・ムダ・ムラが発生する一因となっています。米国や中国などをはじめ、世界的にも同様の課題に直面しており、自律走行が可能な倉庫ロボットの開発や倉庫の空きスペースのシェアリングといった新しいビジネスモデルの普及が進んでいます。

Gaussyが提供する倉庫DXサービス
倉庫現場の労働力不足や属人化といった課題に対して、誰でも簡単にロボットを使って倉庫運営ができるサブスクリプション型の倉庫ロボットサービス "Roboware"と、倉庫キャパシティの過不足といった課題に対して、誰でも簡単に倉庫空きスペースを利用できるシェアリング倉庫サービス "WareX"の2つのサービスを提供します。"Roboware"は5機種の倉庫ロボットを取り扱い、全国14拠点に導入されています。"WareX"は全国1,000拠点を超える倉庫が登録されており、遊休スペースを活用した従量課金型の倉庫として、大手から中小企業の皆様にご利用いただいています。

Gaussyでは「物流から新しいチャンスを」をビジョンに、倉庫ニーズや荷量の変化にフレキシブルに対応できる仕組みを構築し、ビジネスに今までにない新しい選択肢を提供していきます。


Roboware:https://roboware.ai/
WareX:https://warex.ai/

パートナーシップ
三菱商事は、本日付で、自社で事業開発してきた倉庫産業DX事業をGaussyに譲渡しました。また、東大IPC、プロロジス、三井不動産、三菱HCキャピタル、三菱地所の5社はGaussyの第三者割当増資を引き受けることにより、三菱商事ロジスティクスは三菱商事が保有するGaussyの株式の一部譲渡によって資本参画しました。7社は、産学連携、業界横断でのパートナーシップを通じて、各社が有するデジタル技術、物流不動産の知見・ネットワーク、金融知見等を持ち寄ることで、単独では実現困難な倉庫産業の課題に対する解決策の共創をめざします。

パートナー各社からのコメント
【東大IPC】
物流業界は労働力不足を始め様々な課題を抱えており、その問題はより深刻化しています。Gaussyは、この物流業界の社会課題に真摯に取り組んでおり、本パートナーシップを通じて、更に発展されることが期待されます。弊社として、産学連携も含め、Gaussyの発展、さらには物流業界の社会課題解決に寄与して参ります。

【プロロジス】
弊社は物流不動産のリーディング・プロバイダーとして、世界19ヵ国において約4,700棟の賃貸用物流施設を開発・運営しております。物流に関わるお客様の課題は多様化しており、弊社としても施設にとどまらず、様々なソリューションの提供に努めてきました。この度のパートナーシップにより、社会全体の課題でもある遊休スペースの活用や庫内省人化の一助となれば幸いです。また、将来的にGaussyがグローバル展開をめざす際にもサポートさせて頂きたいと考えています。

【三井不動産】
弊社は「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)」として物流施設を展開しており、2012年のロジスティクス事業立ち上げ以来10年を迎えました。本パートナーシップを通じて、物流業界を取り巻く社会環境の変化に対応するべく物流DX化を推進し、テナント企業の皆様の課題解決パートナーとして、多種多様なヒト・モノ・コトをつなげ、既存の枠にとらわれない価値づくりに挑戦してまいります。

【三菱HCキャピタル】
弊社は持続可能な社会ならびに人々の豊かなくらしの実現に向けて、パートナー企業とともに、労働力不足や環境負荷などの物流業界が抱える課題の解決に取り組んでいます。本パートナーシップを通じて、長年培ってきたファイナンスやアセットの保有・管理などの機能をGaussyに提供することで、お客様のニーズに応える効率的で利便性の高いサービスを提供してまいります。

【三菱地所】
弊社は独自ブランドの物流施設「ロジクロス」の開発に取り組み、様々なお客様にご利用頂いております。本パートナーシップを通じ、施設づくりだけではなく、より一層お客様に満足頂けるサービスを提供し、また、パートナーの皆様と一丸となって物流業界が抱える課題解決に貢献してまいります。

【三菱商事ロジスティクス】
弊社は物流ソリューションの提供を通じて、お客様の物流最適化の実現に貢献して参りました。本パートナーシップを通じ、弊社が有する物流企画・設計機能やロジスティクス知見をGaussyに対して惜しみなく提供することで、同社の企業価値向上、並びに、課題解決を通じた豊かな社会と経済の発展に貢献してまいります。

【三菱商事】
弊社は多様な産業におけるサプライチェーン構築を通じ、その持続性を向上させるうえで鍵となる倉庫産業の課題に着目し、DX事業の開発を行ってまいりました。本パートナーシップを通じ、単独では成し得ない社会課題の解決による共創価値を創出することで、Gaussyの企業価値向上、より豊かな未来社会の実現に貢献してまいります。


同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信