商船三井/効率運航深度化を通して運航船のGHG削減を促進する「EcoMOL Inc.」をフィリピンに設立|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

商船三井/効率運航深度化を通して運航船のGHG削減を促進する「EcoMOL Inc.」をフィリピンに設立

グリーン物流(環境) 2022.06.22

効率運航深度化を通して当社運航船のGHG削減を促進する「EcoMOL Inc.」をフィリピンに設立

2022年06月22日

株式会社商船三井(代表取締役社長:橋本 剛、本社:東京都港区、以下「当社」)は、運航データの利活用により効率運航深度化を推進する当社全額出資子会社の「EcoMOL Inc.」 (代表:横橋 啓一郎、本社:フィリピン・マニラ、読み:エコモル、以下「EcoMOL」)を設立しました。

EcoMOLでは、マニラの常駐スタッフが、当社自営運航船のスピードや燃費などのパフォーマンスチェック、分析結果精査、運航担当へのフィードバックなどの効率運航深度化に向けた取り組みを、東京本社の海技員や技術要員と連携して行います。

また、当社が既に取り組んでいる安全運航強化・環境負荷低減に向けた「FOCUSプロジェクト」(註1)で各船搭載済の機器から入手可能な粒度の高いデータと掛け合わせることで、更なる効率運航の深度化につなげます。これら取り組みにより、2024年末までに効率運航による燃料消費量削減率5%の実現を目指します。

運航データを使った詳細分析とそれに基づく燃費改善活動・フォローアップを行うには、データ整備・分析、改善活動を行う人の力が必要です。フィリピンにEcoMOL を設立し、これらの取り組みに不可欠な英語力や海技力を備えたフィリピン人材を活用することで、当社グループの人的資本の拡充を図るとともに、フィリピン地域社会にも貢献します。

当社は、「商船三井グループ 環境ビジョン2.1」(註2) において効率運航深度化を含む5つの戦略を通して、2035年までに輸送におけるGHG排出原単位を約45%削減(2019年比)、および2050年までにグループ全体でのネットゼロ・エミッション達成を中・長期目標として掲げています。(図1) 当社はEcoMOLでの効率運航深度化を推進すると共に、商船三井グループ一丸となって持続可能なGHGネットゼロ・エミッションの実現に取り組み、低・脱炭素化社会の実現に貢献していきます。

EcoMOL会社概要

会社名 EcoMOL Inc.
所在地 27th Floor, Tower 2, The Enterprise Center 6766, Ayala Avenue corner Paseo de Roxas, Brgy. San Lorenzo, Makati City, Philippines 1226
代表者 横橋 啓一郎
設立時期 2022年5月
事業内容 効率運航の深度化、GHG削減促進に関する業務支援
決算期 3月
出資金 PHP 10.4百万
株主 当社100%出資
ロゴ

(註1) 「FOCUS(フォーカス)」 洋上ビッグデータを利活用し、運航船の安全運航強化・環境負荷低減の深度化を目指す当社プロジェクトです。詳細は2018年10月15日付プレスリリース「始動!『FOCUS』プロジェクト ~ 業種を超えた協創、ICTを活用したデータドリブンな取り組みを通じて更なる安全運航強化・環境負荷低減を実現する ~」をご参照ください。

(註2) 商船三井グループ環境ビジョン 2.1
https://mol.disclosure.site/ja/themes/101

(図1)

【商船三井グループが設定した5つのサステナビリティ課題
商船三井グループでは、事業を通じて優先的に取り組むべき社会課題として特定した「サステナビリティ課題」への対応を推進することで、持続可能な社会の実現に貢献します。本件は、5つのサステナビリティ課題の中でも特に「Environment -海洋・地球環境の保全-」、「Human & Community -人の活躍と地域社会の発展-」と「Innovation -海の技術を進化させるイノベーション-」にあたる取り組みです。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信