SBフレームワークス/物流を軸にした BPO型課題解決サービス「もの・ことロジ」を提供開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

SBフレームワークス/物流を軸にした BPO型課題解決サービス「もの・ことロジ」を提供開始

物流システム 2022.06.15

物流を軸にした BPO型課題解決サービス「もの・ことロジ」™を提供開始

―第1弾は販促物・副資材―

 SB C&S株式会社の物流子会社であるSBフレームワークス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:綿貫浩、以下「SBフレームワークス」)は、物流業務を軸にして、その周辺のビジネス課題の解決にも貢献するサービス「もの・ことロジ」™を2022年6月20日から開始します。

 この「もの・ことロジ」は、「もの」の流れ(物流)と、その周辺で発生する「こと」の流れ(業務プロセスと情報の流れ)を俯瞰することでオペレーションに潜む無駄を定量的に特定し、ビジネスの効率化を支援するBPO型課題解決サービスです。単に物流業務を担うだけでなく、その実践を通して見えてくる様々なファクトと、顧客企業側で起きている「こと」にまつわる情報を総合的に把握・分析することで、収益性の改善や無駄の低減に貢献するものです。

 
 第1弾として、販促物や副資材を扱うサービスを開始します。企業の販促部門では、ノンコア業務(販促物の各拠点への配賦や在庫管理等)に時間を割かれ、販売の促進というコア業務に集中できないといった課題を抱えています。SBフレームワークスが提供する「もの・ことロジ」は、販促物等の配賦に関わる業務の効率化のみならず、拠点ごとの配賦量の算出や制作数量の最適化など、「こと」の領域も支援することで、ビジネス課題の解決に貢献します。


【「もの・ことロジ」第1弾の特徴】
  • 使いやすいWEBツールで配賦業務を支援
 弊社で開発したWEBツールにより、ネットショッピングをする感覚で発送指示が完了します。弊社でお預かりしている在庫数や出荷履歴等もワンクリックで確認できます。

  • 各拠点からの追加発送依頼もWEBで簡単に
 販促物が足りなくなった場合でも、WEBツールから簡単に追加依頼をすることができます(スマートフォンにも対応)。

  • 拠点ごとの適切な配賦量の算出を支援
 WEBツールに蓄積されていく拠点別配賦量のデータに基づき、新たな販促物・副資材の制作にあたっての最適数量の算出を支援します。
  • 展示会出展にも対応
サイズの大小を問わず、展示会に出展される際の展示品や販促物の搬入出にも迅速に対応。SBフレームワークスの物流倉庫は、東京ビッグサイトから車で10分の場所に位置しています。



SBフレームワークスは「もの・ことロジ」サービスの提供を通じて、今後も物流を軸に企業のビジネス上の課題解決に貢献していきます。

【「もの・ことロジ」に関するお問合せ先】
担当者:企画推進室 玉橋・黒田  https://www.sbfw.co.jp/contact/

【会社概要】
代表者:代表取締役社長 綿貫 浩
会社名:SBフレームワークス株式会社 https://www.sbfw.co.jp/
本社所在地:東京都江東区青海3-4-19 青海流通センター
設立:1990年10月1日

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信