日本トランスシティ/新倉庫「亀山低温危険品倉庫」を建設|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本トランスシティ/新倉庫「亀山低温危険品倉庫」を建設

物流不動産・施設 2022.05.16

新倉庫「亀山低温危険品倉庫」建設について


今般、中期経営計画に基づき、次世代の柱となる新たな事業への挑戦として、需要の高まる特殊化学品の取扱い拡大に対応するため、三重県亀山市において低温危険品倉庫2棟を建設することといたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。



1.建設用地
(1)所在地 三重県亀山市白木町砂子 249-5
(2)面積 約 58,114.17 ㎡(約 17,580 坪)


2.倉庫構造など
(1)構造 鉄骨造 平屋建(耐火建築物)
(2)倉庫延床面積 約 993.42 ㎡(約 300 坪)x2棟
(3)倉庫設備 二酸化炭素消火設備、移動式ラック、自家発電設備、LED照明 等 (温度帯)保管庫+5℃ 前室+15℃
(4)業務内容 危険品の荷受、保管、出荷、配送などの物流業務


3.スケジュール
(1)本工事着工 2022 年9月
(2)竣工予定 2023 年7月


4.投資総額(予定) 約 20 億円

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信