ニッコンホールディングス/経常利益は前年比4・9%増(2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

ニッコンホールディングス/経常利益は前年比4・9%増(2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2022.05.13

2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

       売上高   営業利益     経常利益  当期純利益

2022年3月期 198,159 8.6   19,512 7.3    21,584 4.9   14,741 1.4
2021年3月期 182,536 △8.5  18,191 △12.9  20,572 △8.7  14,544 △13.0
(注)包括利益 2022年3月期  15,710百万円 (△20.1%) 2021年3月期  19,667百万円 (55.0%)

(略)

1.経営成績等の概況
(1) 当期の経営成績の概況
当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、一部持ち直しの動きが続いているものの、依然として厳しい状況で推移しました。その後、ワクチン接種が進捗したことにより新規感染者数が減少し、経済活動の正常化への動きが見られましたが、社会・経済活動は本格的回復に至らず、景気の先行きは不透明な状況が続くと見込まれます。
物流業界におきましては、慢性的な人手不足、競争の激化に加え、燃料価格の高騰など、厳しい経営環境が続いております。
こうした状況の中、当社グループの当連結会計年度における売上高は、業務量の回復などにより 1,981 億 59 百万円(前年同期比 8.6%増)となりました。
営業利益につきましては、増収効果や業務の効率化などにより 195 億 12 百万円(前年同期比 7.3%増)となりました。
経常利益につきましては、営業利益の増加に伴い 215 億 84 百万円(前年同期比 4.9%増)となりました。
親会社株主に帰属する当期純利益につきましては 147 億 41 百万円(前年同期比 1.4%増)となりました。


セグメント別の業績は次のとおりであります。
運送事業
貨物取扱量の回復などにより、売上高は 903 億 38 百万円(前年同期比 6.8%増)となりました。営業利益は、燃料価格の高騰を受け、44 億 98 百万円(前年同期比 4.0%減)となりました。


倉庫事業
国内外で継続的に行ってきた倉庫の新増設の効果等により保管貨物量が増加し、売上高は 346 億円(前年同期比 7.8%増)となりました。営業利益は、増収効果などにより 80 億 50 百万円(前年同期比 6.6%増)となりました。


梱包事業
業務量の回復などにより、売上高は 443 億 63 百万円(前年同期比 10.5%増)となりました。営業利益は、人件費や外注費等の増加などにより 23 億 54 百万円(前年同期比 0.5%減)となりました。


テスト事業
業務量の回復などにより、売上高は 218 億 63 百万円(前年同期比 6.8%増)となりました。営業利益は、増収効果や業務の効率化などにより 37 億 39 百万円(前年同期比 33.1%増)となりました。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信