ハマキョウレックス/経常利益は前年比9・6%増(2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) )|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

ハマキョウレックス/経常利益は前年比9・6%増(2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) )

決算短信 2022.05.11

2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

       売上高    営業利益 経常利益  当期純利益

2022年3月期 125,094 5.2   11,114 5.2  11,957 9.6  7,117 10.7
2021年3月期 118,876 △2.9  10,563 3.7  10,913 2.8  6,427 3.1
(注)包括利益 2022年3月期  8,038百万円 (5.6%) 2021年3月期  7,613百万円 (5.4%)

(略)

1.経営成績等の概況
(1)当期の経営成績の概況
 当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの普及や、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の解除等により、景気持ち直しの動きがみられたものの、ウクライナ情勢等に起因する世界的な経済活動の停滞が懸念されるなど、依然として先行きは不透明な状況となっております。
 当業界におきましても、原油価格の高騰や人手不足等、経営環境は引続き厳しい状況が続いております。
 こうした中、当企業グループの当連結会計年度は、営業収益1,250億94百万円(前年同期比5.2%増)、営業利益111億14百万円(同5.2%増)、経常利益119億57百万円(同9.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益71億17百万円(同10.7%増)となりました。


 各セグメント別の営業状況は、次のとおりであります。
(営業収益につきましては、セグメント間の内部売上高又は振替高を含んでおりません)
(物流センター事業)
 当連結会計年度の営業収益は769億63百万円(前年同期比7.6%増)、営業利益は93億10百万円(同13.0%増)となりました。
 増収増益の主な要因につきましては、物流センター運営の充実と新規に受託したセンターが順次業績に寄与したことや2021年2月に栄進急送(株)及びマルコ物流(有)を子会社化したことによるものであります。
 この結果、営業収益は54億43百万円の増収、営業利益は10億67百万円の増益となりました。
 また、新規受託の概況につきましては、14社の物流を受託しております。
 稼働状況につきましては、14社のうち12社稼働しております。残り2社につきましては、2022年4月以降の稼働を目指し準備を進めてまいります。
 なお、物流センターの総数は、130センターとなっております。
 引続き日々収支、全員参加、コミュニケーションを徹底して行い、収支改善に向け取り組んでまいります。


(貨物自動車運送事業)
 当連結会計年度の営業収益は481億31百万円(前年同期比1.6%増)、営業利益は17億98百万円(同22.3%減)となりました。
 営業収益につきましては、特別積み合わせ事業の物量が新型コロナウイルス感染症の影響等から回復傾向にあったことや2021年10月に大一運送(株)を子会社化したことにより、7億74百万円の増収となりました。
 営業利益につきましては、営業収益の増加や積載率の向上、輸送コストの抑制に取り組みましたが、燃料単価上昇による影響等で5億16百万円の減益となりました。
 今後につきましては、新規案件の獲得やグループ内での取引拡大を進め、物量の増加に努めるとともに、管理強化による輸送コストの抑制に取り組み、収益の確保に努めてまいります。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信