日本郵船/2021年「YUSENボランティア・ポイント」寄付先が決定|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本郵船/2021年「YUSENボランティア・ポイント」寄付先が決定

物流全般 2022.02.24

2021年「YUSENボランティア・ポイント」寄付先が決定

子どもたちへの支援活動を行う5団体に寄付

当社は、グループ社員が2021年に行ったボランティア活動をポイント化した「YUSENボランティア・ポイント」に基づき、子どもへの支援活動を行う5団体への寄付を決定しました。

「YUSENボランティア・ポイント」は、当社グループ社員によるボランティア活動を応援、促進するために2014年に導入された制度です。グループ社員による社内外の活動をポイント化し、優秀な成果を収めた会社や社員を表彰するとともに、1年間のポイント総数を金額に換算し、毎年、参加者による投票で選ばれたNPO/NGO団体に寄付しています。

2021年は、24社・193名が本活動に参加しました。
個人部門では、サッカーを通じた子どもたちへの指導を長年にわたり行っている社員をはじめ、ポイント登録数の上位3名に「個人賞」、里山保全活動に参加している社員を「特別賞」として表彰しました。
また、多くの社員がボランティア活動に取り組んだ三菱鉱石輸送(株)、旭海運株式会社(株)、郵船コーディアルサービス㈱に「団体賞」、余剰カレンダーの寄贈や一般向けにタグボートのデモンストレーションを実施した三洋海事(株)に「特別賞」を授与しました。

2月10日に開催された表彰式では、当社代表取締役社長の長澤仁志が、以下のメッセージを述べました。
「今日表彰された皆さんが取り組んでいるボランティア活動、それはまさしく『NYKグループESGストーリー』で掲げている"Return on earth"、海への恩返し、地球への恩返し、人々への恩返しに通ずるものであると思います。それぞれの自分の心に従って自分なりの活動をしっかりやって頂く、それが一番重要かと思いますし、またグループを挙げてやる活動には是非積極的にご参加頂ければ大変うれしく思います。こういった活動をグループ全員で是非盛り上げていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。」

当社はこれからも良き企業市民としてさまざまな社会課題の解決に取り組むことでESG経営を推進します。

長澤社長(2段目右端)と表彰された受賞者

寄付先

当社の社会課題解決への挑戦

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信