トレーディア/倉庫部門のセグメント利益は前年比200万円増の3900万円(2022年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

トレーディア/倉庫部門のセグメント利益は前年比200万円増の3900万円(2022年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2022.02.10

2022年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            営業収入   営業利益 経常利益 当期純利益

2022年3月期第3四半期 13,660 -    300 -   447 -  308 -
2021年3月期第3四半期 10,808 △3.8  26 △46.2  109 2.3  71 2.8
(注)包括利益 2022年3月期第3四半期 328百万円 (170.1%) 2021年3月期第3四半期 121百万円 (105.8%)

(略)

(1)経営成績に関する説明
当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況が続いているものの、ワクチン接種が進むにつれ、感染状況の改善、各種制限措置の緩和がなされ、回復の兆しが見られました。一方、世界経済においては、緩やかな回復が続いておりますが、新たなオミクロン株の感染拡大や、半導体不足、米国のインフレ懸念など、先行きが読みづらい状況となっております。
当社グループが属する港湾運送業界における貿易に関しましては、輸出は世界の回復基調と合わせて堅調に推移していくものと予想されますが、輸入は新型コロナウイルス感染症の影響により、一般消費財等の貨物量の回復には時間を要するものと考えられます。
当社グループはこのような状況下におきまして、安全に配慮しつつ積極的に営業展開に努めた結果、総取扱量は前年同期比2.7%増加し、営業収入は、輸出部門の回復と国際部門の大幅増により136億60百万円余(前年同期は108億8百万円余)となりました。損益面については、収入増に対して固定費の増加が抑えられたことから、営業総利益は、前年同期比45.3%増の8億44百万円余(対前年同期2億63百万円余増)、営業利益は3億円余(対前年同期2億73百万円余増)、経常損益は受取配当金と持分法による投資利益の増加により4億47百万円余(対前年同期3億37百万円余増)の経常利益の計上となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は3億8百万円余(対前年同期2億36百万円余増)の計上となりました。
なお、第1四半期連結会計期間より、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。
以下「収益認識会計基準」という。)等を適用しております。これに伴い、従来の会計処理と比較して、当第3四半期連結累計期間の営業収入及び営業費用は1億9百万円減少しております。そのため、当第3四半期連結累計期間における経営成績に関する説明は、営業収入と営業費用については前第3四半期連結累計期間と比較しての増減額及び前年同期比(%)を記載せずに説明しております。
詳細は、添付資料P.8「2.四半期連結財務諸表及び主な注記(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項(会計方針の変更)(収益認識に関する会計基準等の適用)」をご参照下さい。


 セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。なお、前年同期の営業収入につきましては、「収益認識会計基準」等を適用しておりませんのでご注意下さい。
① 輸出部門
輸出部門におきましては、雑貨は減少したものの、主力の機械機器製品をはじめ、食料品、金属製品の取扱いが堅調に推移し、取扱量は対前年同期比20.7%増加となりました。この結果、輸出部門の営業収入は21億8百万円余(前年同期は19億31百万円余)、セグメント利益は48百万円余(前年同期はセグメント損失81百万円余)の計上となりました。


② 輸入部門
輸入部門におきましては、食料品は増加しましたが、機械製品は前年並、繊維製品はアパレル不振で減少、雑貨も巣ごもり需要一巡で減少となり、取扱量は対前年同期比4.1%減少となりました。この結果、輸入部門の営業収入は37億68百万円余(前年同期は40億89百万円余)、セグメント損失は34百万円余(前年同期はセグメント利益26百万円余)の計上となりました。


③ 国際部門
国際部門におきましては、輸出は台湾、インド向け設備、北米向け三国間を中心に堅調に推移し、取扱量は対前年同期比31.2%増加しました。一方、輸入は、靴、衣料品、半導体関連は低迷しましたが、調理、美容関連機器が伸び、取扱量は対前年同期比1.4%増加しました。また、輸出入ともに高水準の運賃と、コンテナスペース不足による混載便の利用や、航空便への振替も営業収入増加の要因となりました。その結果、国際部門の営業収入は76億47百万円余(前年同期は46億45百万円余)、セグメント利益は2億39百万円余(前年同期は38百万円余)の計上となりました。


④ 倉庫部門
倉庫部門におきましては、安定した賃料収入により、営業収入は前年同様の44百万円余となりました。セグメント利益は39百万円余(前年同期は37百万円余)の計上となりました。

⑤ その他
船内荷役等の営業収入は93百万円余となり、セグメント利益は7百万円余(前年同期は6百万円余)の計上となりました。

(略)
(注) 上記のセグメントの営業収入には、セグメント間の内部営業収入1百万円余を含んでおります。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信