遠州トラック/経常利益は前年比5%増(2022年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

遠州トラック/経常利益は前年比5%増(2022年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2022.02.07

2022年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

           営業収益  営業利益 経常利益  当期純利益

2022年3月期第3四半期 31,976 9.0   2,444 3.9  2,508 5.0  1,728 △0.9
2021年3月期第3四半期 29,328 15.9  2,353 28.9  2,389 31.1  1,743 39.5
(注)包括利益 2022年3月期第3四半期  1,714百万円 (△6.5%) 2021年3月期第3四半期  1,834百万円 (43.7%)

(略)

(1)経営成績に関する説明
当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響が緩和され経済は持ち直しの動きが見られましたが、新たな変異株による感染再拡大が懸念されるなど、依然として厳しい状況にあります。物流業界におきましても、消費関連貨物を中心に貨物輸送量は回復傾向にあるものの力強さに欠け、人手不足、原油価格の高騰や半導体不足等による製造業の生産減少の影響を受けて厳しい状況が続いています。
このような状況の下、当社グループにおきましては、巣ごもり需要を背景にインターネット通販向け宅配貨物が増加したこと、工業製品用部品や日用品などの配送センター業務が拡大したこと、前年度第3四半期から連結対象となった小笠運送株式会社が期初から連結されていること等から、当第3四半期連結累計期間の営業収益(売上高)は319億76百万円(前年同期9.0%増)となりました。
利益面におきましては、人件費、外注費や燃料費が上昇する一方、業務の効率化を進めた結果、営業利益は24億44百万円(前年同期比3.9%増)、経常利益は25億8百万円(前年同期比5.0%増)と増益となりましたが、親会社株主に帰属する四半期純利益は17億28百万円(前年同期比0.9%減)となりました。これは前期の特別利益(負ののれん発生益90百万円)計上によるものであります。


セグメント別の営業収益の状況は次のとおりであります。
物流事業の営業収益は318億68百万円(前年同期比9.2%増)となりました。その内訳は、輸送部門が242億9百万円(前年同期比8.0%増)、倉庫部門が76億58百万円(前年同期比13.2%増)となりました。
その他(不動産事業等)は1億8百万円(前年同期比28.6%減)となりました。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信