東急不動産/完全自動運転トラックなど次世代モビリティ受け入れを視野に入れた中核物流拠点の開発計画始動|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

東急不動産/完全自動運転トラックなど次世代モビリティ受け入れを視野に入れた中核物流拠点の開発計画始動

物流不動産・施設 2022.02.03

~完全自動運転トラックなど次世代モビリティ受け入れを視野に入れた中核物流拠点~ 日本初、高速道路IC 直結「次世代基幹物流施設」開発計画始動

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志、以下、「当社」)は、近未来の新しい物流システムに対応した、高速道路インターチェンジに直結した次世代物流拠点の開発計画の検討を始動いたしますのでお知らせいたします。

■ 開発検討の背景

物流業界では東西幹線輸送を中心とした深刻なトラックドライバー不足の解消や、配送効率の高い物流ネットワークの構築が社会課題となっておりますが、これら課題の解決をめざした施策の一環である新しい物流システムとして、ダブル連結トラックの利用促進や、隊列走行トラックの社会実装に向けた実証実験等が進められております。本計画は物流拠点を高速道路インターチェンジに直結することで、これら新しい物流システムに対応した次世代物流拠点として施設開発をめざすものです。

詳細はPDFをご覧ください。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信