STANDAGE/ナイジェリア向け中古自動車部品輸出を開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

STANDAGE/ナイジェリア向け中古自動車部品輸出を開始

SCM・製造拠点 2022.01.24

ナイジェリア向け中古自動車部品輸出を開始、SBI Africa とスタンデージが業務提携

株式会社STANDAGE(本社:東京都港区、代表取締役社長:足立 彰紀、以下スタンデージ)とSBI Africa株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北川 智也、以下SBI Africa)は、このたび業務提携を締結し、ナイジェリア向けに中古自動車部品の輸出・販売を共同で開始したことをお知らせいたします。
  • ︎業務提携の背景
2億人を超えるアフリカ最大級の人口を有するナイジェリアでは、日本の中古車が人気ですが、輸出された中古車は、動かなくなるまで使われ、国内全土に膨大な数の廃車が破棄、不法投棄されています。また、自動車をリサイクルするための部品や技術が不足しており、再利用率が低い現状にあります。
そこで、主にアフリカ諸国など新興国向けに中古車輸出を行っているSBI Africaとナイジェリアに現地法人を持つスタンデージが共同で現地の販路開拓を行い、需要が逼迫している中古自動車部品輸出を行うことで、ナイジェリアにおける中古車の再利用率を高め、資源の循環を促進します。

  • ︎業務提携の概要
SBI Africaは2020年10月に開設した海外バイヤー向け越境ECサイト「SBI Motor Japan」やケニアでの自動車販売拠点を通じて、主に東アフリカ諸国に日本の中古車を輸出・販売してきました。ナイジェリアへの進出は今回が初となります。
スタンデージは、ナイジェリアに現地法人を持ち、貿易の売り手と買い手のマッチングから、決済・ファイナンス、貨物配送に至る、全ての貿易業務を完結できる、デジタル貿易総合サービス「DiGiTRAD」を提供しています。
今回の自動車中古部品の輸出においては、アフリカに拠点を持つ両社が共同で販路開拓を行い、SBI Africaの中古部品の輸出をスタンデージのDiGiTRADサービスを活用して、実施します。
今後は、ナイジェリアだけでなく、西アフリカ諸国へも中古自動車部品の輸出を展開するとともに、アフリカをはじめ途上国における自動車の再利用を共同で促進し、循環型社会の形成に貢献してまいります。

  • ︎SBI Africaの事業概要
SBI Africaは、良質でリーズナブルな中古車の仕入れを行い、アフリカ地域を中心に販売しております。
また中古車輸出事業に限らず、アフリカ現地の金融機関やパートナーなどと連携し自動車金融、国際送金・決済、マイクロファイナンスやベンチャーキャピタル投資等の金融サービスを展開していくことで、アフリカ諸国の経済発展に寄与し、現地の生活水準向上と就業機会の提供しております。

会社名:SBI Africa株式会社
英名:SBI Africa Co., Ltd.
本社所在地:東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー15階
代表者:代表取締役 北川 智也
資本金:1億円
設立日:2019年8月1日
URL:https://www.sbiaf.co.jp/
  • ︎スタンデージの事業概要
2017年3月設立。同年12月にナイジェリアオフィスを設立。貿易の売り手と買い手のマッチングから、決済・ファイナンス、貨物配送に至る、全ての貿易業務を完結できる、デジタル貿易総合サービス「DiGiTRAD」を提供。
ブロックチェーン・暗号資産を活用し、安全・安価・迅速な支払いを実現。
2019年、2020年、2021年の3年連続で、経済産業省「技術協力活用型・新興国市場開拓事業費補助金」に採択。
DiGiTRAD(デジトラッド)サービス公式サイト:https://digitrad.world/

会社名:株式会社STANDAGE
英名:STANDAGE Inc.
本社所在地:東京都港区芝3丁目6番10号 芝NAビル4階
代表者:代表取締役社長 足立彰紀
資本金:1億9,675万円
設立日:2017年3月7日
URL:https://standage.co.jp/

以上

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信