人機一体/タツタ電線と資本提携|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

人機一体/タツタ電線と資本提携

物流関連商品 2022.01.24

【資本提携】株式会社人機一体は、タツタ電線株式会社と資本提携を行ないました

先端ロボット工学を活用した知財ビジネスを運営する株式会社人機一体は、タツタ電線株式会社を引受先としたプレシリーズ B1 の第三者割当増資を実施したことを発表いたします。

力制御技術、パワー増幅バイラテラル制御技術を中心に、先端ロボット工学に関するコア技術の知的財産を多数保有する株式会社人機一体は、タツタ電線株式会社を引受先としたプレシリーズ B1 の第三者割当増資を 2022/01 月に実施し、資本提携を行なったことを発表いたします。

※ 株式会社人機一体  本社:滋賀県草津市、 代表取締役社長:金岡博士、以下「人機一体」
※ タツタ電線株式会社 本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長:宮下博仁、以下「タツタ電線」
人機一体は、金岡博士の理念と先端ロボット工学技術をコアに、パワー増幅バイラテラル制御システムとしての「人機」を開発・社会実装することにより「あまねく世界からフィジカルな苦役を無用とする」ことを実現する立命館大学発ベンチャー企業です。

人機一体は、先端ロボット工学技術に基づく新規事業開発支援のための知的財産活用サービス(知的財産を活用したロボティクス製品化コンサルティング事業)を提供することにより、先端ロボット工学技術の社会実装を加速し、人の危険作業や重労働の機械化を行ないます。

現在進行中のプロジェクト例:
① 深夜帯における、人が担っている鉄道架線メンテナンスの機械化
② 重機・建機の油圧フリー完全電動化による脱炭素と高度化の実現
③ 現在は人が担っている工業炉内点検・メンテナンス業務の機械化


今回調達した資金は、近日発表予定の
・大手鉄道会社との共同開発である高所重作業対応汎用人型重機 PoC 試作機
・油圧フリー完全電動の革新的重機
​などの開発をはじめ、更なる新規事業開発支援の加速のために充てることとなります。

さらに上記プロジェクトに加え、今回の資本提携を機にタツタ電線と人機一体は、現場課題の一つである「工場内における重量物ハンドリング」について、人機一体の先端ロボット工学技術とタツタ電線の高機能ロボットケーブルを活用した知財プラットフォームにより解決に取り組むことを検討しています。

人機一体は、「独自の先端ロボット工学技術」と「人機プラットフォームという独自ビジネスモデル」により、これまで「自動化」は不可能と思われてきた現場の「機械化」を実現し、引き続き、現場課題を抱える企業との連携を更に拡大いたします。


■ 人機一体の先端ロボット工学技術

人機一体の独自技術を導入したロボットは、主に以下の特徴を持ちます。
  1. ローレベルに力制御・トルク制御が理想的な形で実装されており、サイバーフィジカルインタフェースとして、人・ロボット・環境間の柔らかな力学的相互作用を実現することができる
  2. 力制御・トルク制御の理想的な実装により、力学ベースの汎用ロボット制御技術をいくらでも重ね合わせて同時実装することができる
  3. マンマシンシナジーエフェクタ(人間機械相乗効果器)として、力の相互作用をベースに、操作者が自在にロボットを操り、またロボットの感覚を操作者が感じることができる

そして、従来のロボットが抱える以下の問題を、人機一体の技術を使うことで、社会実装レベルで全て解決することができます。
  1. 自動・自律、AI ベースでは「未知環境(現場)での汎用・非定型作業」ができない
  2. 外界との接触を伴う力学的相互作用を、一般的な「固い」位置制御で実行することは難しい
  3. 物理的な「力」を自在に操ることができない
  4. 衝突・摩擦などの外部からのイレギュラーな衝撃・干渉に弱い

人機一体は、独自の「人型重機を造れるほどの先端ロボット工学技術に関する知的財産」(下図参照)を、人機プラットフォームという独自ビジネスモデルを最大限に活用することにより、これまで「自動化」は不可能と思われてきた現場の「機械化」を実現します。



■ 人機一体の独自ビジネスモデル:人機プラットフォーム

テック系ベンチャー・スタートアップのほとんどは、独自の研究開発によって自社製品を世に送り出すビジネススタイルですが、人機一体は違います。在庫や生産ラインを抱えない、単なるファブレスメーカでもない、先端ロボット工学技術の新しいビジネスモデルとして「人機プラットフォーム」を構築します。

リソースのない人機一体が無理にメーカとなってロボットを製造販売するのではなく、先端ロボット技術の知的財産権を武器に、従来技術では解決困難な課題を抱える企業様と連携し、課題解決に向けた枠組としての人機プラットフォームを提供するビジネススタイルを標榜しております。



■ タツタ電線株式会社

  社名:タツタ電線株式会社
 代表者:代表取締役社長 宮下 博仁
 所在地:(本社)大阪府東大阪市岩田町 2 丁目 3 番 1 号
 資本金:66 億 7600 万円(2021/03/31 現在)
事業内容:電線・ケーブル、電子材料、センサー&メディカル製品の研究開発・製造・販売
公式ウェブサイトhttps://www.tatsuta.co.jp/


■ 株式会社人機一体
  社名:株式会社人機一体
 代表者:代表取締役社長 金岡博士(かなおかはかせ)
 所在地:(本社)滋賀県草津市青地町 648-1 秘密基地人機一体
     (支社)福島県南相馬市原町区萱浜字巣掛場 45-245
         南相馬市産業創造センター内
         人機一体福島基地
 資本金:1 億 7300 万円(2022/01/01 現在)
事業内容:先端ロボット工学技術に基づく新規事業開発支援のための知的財産活用サービス

公式ウェブサイトhttp://www.jinki.jp/
   ツイッターhttps://twitter.com/mmseinc
 フェイスブックhttps://www.facebook.com/mmseinc



■ 人機一体の関連プレスリリース

【初公開】JR 西日本 × 日本信号 × 人機一体 による「人機プラットフォーム」を活用した
 汎用人型重機「空間重作業人機​」開発プロジェクトが始動します
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000070266.html

【告知】JR 西日本 × 日本信号 × 人機一体 による「人機プラットフォーム」を活用した
「人型重機」開発プロジェクトが、ロボテス EXPO 2021 にて始動します
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000070266.html

【告知】znug design × 人機一体 による「人型重機」コンセプトデザイン
 および「人機一体」トータルブランドデザインプロジェクトが、ロボテス EXPO 2021 にて始動します
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000070266.html

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信