シーアールイー/「ロジスクエア三芳2」 日本サインデザイン賞の銅賞受賞|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

シーアールイー/「ロジスクエア三芳2」 日本サインデザイン賞の銅賞受賞

物流不動産・施設 2022.01.18

「ロジスクエア三芳Ⅱ」 日本サインデザイン賞 銅賞受賞


株式会社シーアールイー(代表取締役社長/亀山忠秀 本社/東京都港区)は、2021 年 3 月に竣工した「ロジスクエア三芳Ⅱ」において、公益社団法人日本サインデザイン協会が主催する 2021 年度の日本サインデザイン賞※1 で銅賞を受賞しましたのでお知らせいたします。
すでに竣工済の開発物件では「ロジスクエア草加」、「ロジスクエア新座」、「ロジスクエア川越Ⅱ」、「ロジスクエア大阪交野」の 4 物件においても同賞での入選を果たしていましたが、銅賞の受賞は当社初となります。


※1 優れたサインデザイン作品を広く社会にアピールすることにより、サインデザインの普及および啓発をはかることを目的として、

1966 年以来続けられてきた国内で唯一のサインデザインに関する顕彰事業 https://www.sign.or.jp/sda-award

「LogiSquare」は、当社の基幹ビジネスの一つである開発事業を支える物流施設のシリーズ名称で、2013年より展開しています。ブランドコンセプトである"Good Idea, Your Square"は、多様化・高度化する物流ニーズに応える当社のアイデアを示しており、Good Idea 02 として掲げている「直感的に分かりやすいピクトサインや機能性の高いサイン計画」については、2013年当初から全ての開発物件で採用している「LogiSquare」独自の高品質仕様となっています。
 ロジスクエア ブランドサイト https://www.logi-square.com/branding
「LogiSquare」における倉庫内のサイン計画は、安全性や機能性を確保するため、積載荷重や有効高さなどの機能を可視化することによる注意喚起や、施設内の人・荷物・車両のスムーズなオペレーションをサポートするために視認しやすく分かりやすいデザインとしており、直感的に理解できるユニバーサルデザインとすることで、物流現場でも近年増えている外国人労働者の支援にも繋げています。事務所や共用部のサイン計画は、開発する地域の特徴や特産品などをモチーフに、倉庫内同様にユニバーサルデザインによるピクトグラムを中心としたデザインとしています。
また、サインのデザインコンセプトには物件ごとに新たなグラフィックやピクトサインを採用することで遊び心を加えて、リラックスできる明るい空間を提案することにより、単調な空間になりがちな倉庫内の就業環境を向上させて、長時間業務に従事する従業員の方々が快適かつ誇りを持てる職場とすることで、物流業界全体の問題である離職率の低減などにも貢献できる施設を目指しています。
「ロジスクエア三芳Ⅱ」のデザインにおいては、地域特性である武蔵野の自然に恵まれた平坦な大地をコンセプトとして、地平線から中天への光の移ろいをグラフィックパターンとして表現して、心地よいシンプルかつ整然とした空間をイメージしています。


■ロジスクエア三芳Ⅱの概要
施設名称 : ロジスクエア三芳Ⅱ
所 在 地 : 埼玉県入間郡三芳町
延べ面積 : 18,135.21 ㎡(5,485.90 坪)
設計施工 : 株式会社フジタ
サインデザイン : 株式会社阪神コンテンツリンク
デザイン監修 : 株式会社シーアールイー CM 企画グループ

■CRE グループについて
CRE グループは、物流不動産のリーディングカンパニーとして「物流不動産」と「不動産の利用価値」の同時提供を実現し、物流を支えるすべてのサービスの基盤となる仕組みである"物流インフラプラットフォーム"を構築すべく、事業を推進しております。
物流不動産の提供にとどまらず、倉庫内オペレーションにおける自動化・省人化、EC 向けフルフィルメントサービス、自動出荷管理システム、人材採用サポートなどのサービスから、配送効率向上のためのサービス・システムやトラック車両のリースまで、ソフト・ハード両面から幅広く「倉庫の利便性を高めるサービス」も提供しております。
今後もパートナー企業を数多く迎え入れ、サービスメニューを増やしながら、"物流インフラプラットフォーム"の構築をより強く推進してまいります。

■株式会社シーアールイー
当社は、現在、物流施設を中心に約 1,600 物件、約 173 万坪(約 570 万㎡)※2 の不動産の管理運営を行っております。物流不動産特化の管理会社としては、国内最大規模となり、サービス領域においては、物流不動産開発・テナントリーシングから竣工後のアセットマネジメント、プロパティマネジメントまでのトータルサービスをワンストップで提供しております。
物流不動産開発においては、現在、物流施設 11 物件、延べ面積約 16 万坪(約 51 万㎡)の開発を進めております。当社独自に構築してまいりました多数のテナント企業とのリレーションシップによりテナント企業が求めるニーズを的確に捉え、テナント企業の個別ニーズを満足させた上で更に機能性・汎用性をも兼ね備えた物流施設造りを推進し、継続的にご提供してまいります。また、前身からの 50 年におよぶ業歴から得た物流不動産の管理運営の知見・ノウハウを開発事業に注ぎ込むことにより、利用者の立場に立った利便性の高い施設開発を目指し、首都圏は勿論のこと、全国の物流適地において積極的に物流施設開発に取り組んでいく方針です。
※2 2021 年 10 月末時点


■LogiSquare(ロジスクエア)について

「LogiSquare」は、当社の基幹ビジネスの一つである開発事業を支える物流施設のシリーズ名称で、2013年より展開しています。ブランドロゴには、物流施設の常識にとらわれず、創意工夫を凝らして、真に価値ある物流施設を創ろうという決意が込められています。ブランドコンセプトである"Good Idea, Your Square"は、多様化・高度化する物流ニーズに応える当社のアイデアを示しており、利用者目線に立ち、使い勝手や機能性に優れ、 将来の可変性・拡張性にも配慮した利用価値の高い物流施設を提供していきます。
ブランドサイト https://www.logi-square.com/branding

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信