日本GLP/千葉県流山市で「GLP ALFALINK 流山4」を着工|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本GLP/千葉県流山市で「GLP ALFALINK 流山4」を着工

物流不動産・施設 2022.01.12

千葉県流山市で「GLP ALFALINK 流山4」を着工

-ウェルネスの増進に寄与する施設創り-
西濃運輸がターミナルとして利用

 先進的物流施設およびテクノロジーを駆使したソリューションのリーディングプロバイダーである日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之、以下「日本GLP」)は、千葉県流山市にてかねてより開発を進めてまいりました、延床面積約104,000㎡の先進的物流施設「GLP ALFALINK 流山4」の起工式を本日執り行いましたのでお知らせします。総開発費は約200億円で2023年6月の竣工を予定しています。

 「ALFALINK」では、「創造連鎖する物流プラットフォーム」をコンセプトとして、従来の物流施設における効率化・最適化を超えた、これまでにない価値や事業を創造していく拠点となる施設づくりを目指しています。「Open Hub」(物流をもっとオープンに)、「Integrated Chain」(サプライチェーンをつなぐ)、「Shared Solution」(ビジネスの進化をサポート)をキーワードとし、本コンセプトに基づいた様々な設備、サービスを提供しています。

 「GLP ALFALINK 流山4」の1階と2階には西濃運輸株式会社が入居を予定しており、ターミナルと保管庫として利用します。構内に配送拠点があるため、出荷・集荷の効率が大幅に向上し、集荷の締め切り時間の延長等が可能になるとともに、環境負荷の低減に貢献していきます。また保管機能も活かした臨機応変なロジスティクスを提供できるメリットがあります。ALFALINK 流山では「GLP ALFALINK 流山8」に入居する佐川急便株式会社と併せて2つのターミナルが稼働してさらに効率的な輸配送を可能にします。

 「GLP ALFALINK 流山4」は、全棟の中でも特にウェルネスの増進に力を入れており、ALFALINK 流山では初めての様々な試みを実施する予定です。あたたかい食事を提供するレストランをはじめ、各階リフレッシュエリアや、バスケットやフットサルなどが楽しめるアリーナ、そしてアリーナから連続する屋上庭園を設けます。働く人の心身の健康およびパフォーマンスを向上させる環境の整備によって、カスタマー企業の雇用維持、そしてビジネスの成長に貢献します。またアリーナでは定期的なイベントを開催する予定であり、働く人同士や地域社会との繋がりが生まれることで、社会的な健康もサポートします。

 施設の特徴は、倉庫賃貸スペースのバリュエーションが豊富で、冷凍冷蔵対応、給排水換気対応、自動化支援などを提供することから、食品やECをはじめとする多種多様な業種のニーズに柔軟に対応することが可能です。また、倉庫のシェアリングなどの高付加価値なサービスの提供も検討しています。

 「GLP ALFALINK 流山4」は、都心から約25km圏内に位置し、常磐自動車道「流山」IC近接、また国道16号線にもアクセスが容易で、関東に向けた広域配送拠点として優れた立地にあります。

 日本GLP代表取締役社長の帖佐 義之は、「このたび無事着工を迎えました『GLP ALFALINK 流山4』は、『GLP ALFALINK 流山』の最後の着工物件となります。開発の早期段階で西濃運輸様にご入居を決定いただき、ターミナルとしてご活用いただくことを大変うれしく思います。日本GLPは、カスタマー企業の物流オペレーションの効率化はもちろん、ウェルネスをもたらす施設として、施設で働く方々にとって生産性や創造性を高められる環境を提供し、地域住民の方々にも安全にそして豊かに生活できる施設づくりを推進してまいります」と述べています。

 「GLP ALFALINK 流山4」の開発は、GLPがCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)と2016年2月に50%対50%の出資比率で設立した合弁事業「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーII」による開発物件です。

流山
起工式の様子
流山4-1
「GLP ALFALINK 流山4」外観完成イメージ
流山4-2
「GLP ALFALINK 流山4」鳥瞰図
流山4-3
アリーナ完成イメージ
流山4-4
屋上庭園完成イメージ

■施設概要
施設名:「GLP ALFALINK 流山4」
所在地:千葉県流山市小屋・北
敷地面積:約43,700㎡ 
延床面積:約104,000㎡ 
構造:地上4階建て、免震・RCS造
着工:2022年1月
竣工:2023年6月(予定)
認証取得:LEEDゴールド認証(予定)、ZEB Ready認証(予定)

map
「GLP ALFALINK 流山」

以上


日本GLP株式会社について( https://www.glp.com/jp)
 日本GLP株式会社は、2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、170棟・総延床面積約1,000万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。GLPでは、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形成に貢献すべく包括的なESGポリシーを策定しています。

GLP Pte Ltd.について( https://www.glp.com/global/)
 GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流、不動産、インフラストラクチャー、金融をはじめとするセクターおよびその関連テクノロジーを対象とする世界的な投資会社です。投資および施設運営の専門知識を有し、顧客そして投資家の皆様に新たな価値を提供しています。日本、ブラジル、中国、ヨーロッパ、インド、米国、ベトナムにおいて事業を展開しており、1,200億米ドル超(2021年12月末現在)の資産を運用しています。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信