German Bionic/スマートAI活用の第5世代Cray Xパワースーツをラスベガスで開催中のCES2022で発表|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

German Bionic/スマートAI活用の第5世代Cray Xパワースーツをラスベガスで開催中のCES2022で発表

物流関連商品 2022.01.05

German BionicがスマートAI活用の第5世代Cray Xパワースーツをラスベガスで開催中のCES2022で発表

アクティブな歩行支援、IP54準拠の防塵防滴対応など多くの先駆的な技術により、ヒューマン・オーグメンテーション(人間増強)に新たな次元をもたらします

2022年1月5日、ラスベガス/東京 - コネクテッド・ロボティック・パワースーツの世界的な技術リーダーGerman Bionicは、本日、数々の受賞歴を誇る"Cray X"の第5世代を米国ラスベガスで開催中のCES2022において公開しました。第5世代German Bionic Cray Xパワースーツは、2022年1月5日から8日まで米国ラスベガスにおいて開催中のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で実機デモを実施、日本国内のマーケット向けには2022年3月下旬からの出荷を予定しています。

第5世代German Bionic Cray Xパワースーツ

第5世代German Bionic Cray Xパワースーツ

第5世代となる新モデルは、アクティブな歩行支援、IP54の防塵防滴性能に加え、よりパワフルな40Vバッテリーや完全に刷新されたエネルギー管理システムなど、大幅な機能強化が図られています。さらに、独自の導入支援アシスタントにより、簡単に利用が開始できます。また、German Bionicが開発したAIを用いた人間工学に基づく早期警告システム"スマート・セーフティ・コンパニオン"は、職場の安全性を最大限に高め、企業がESGやサステナビリティの目標をより簡単に達成できるようサポートします。最大約30㎏の持ち上げ支援を提供するGerman Bionicのコネクテッド・パワースーツCray Xは、すでにBMWやIkeaなどの企業や、フランスを拠点とする国際宅配便サービス専門会社DPD(従業員数48,000人、年間約20億個の小包を扱う)などで、重い荷物を持ち上げる作業に従事する従業員の腰を保護してきた実績があります。最新モデルのCray Xは、その応用分野をさらに広げ、ヒューマン・オーグメンテーションの新たな可能性を切り開きます。

屋外利用を可能にし、歩行支援を提供する第5世代Cray Xパワースーツ屋外利用を可能にし、歩行支援を提供する第5世代Cray Xパワースーツ


第5世代Cray Xの主な機能強化:

歩行支援

第5世代のCray Xは、このタイプのパワースーツとしては初めて身体の2つの部位をサポートします。荷物を移動させる際に、脚を前方に優しく押し出すことで、荷物の持ち上げと歩行の両方を行い、作業者の早期疲労を軽減しエネルギーレベルを維持します。

IP54の防塵防滴性能

Cray Xは、非常に湿った環境やほこりの多い作業環境にも対応しています。IP54規格に準拠した防塵・防滴試験を実施しており、建設現場や屋外倉庫など、さまざまな用途に対応しています。

よりパワフルな40Vプラットフォーム

40Vバッテリーとエネルギー管理システムの刷新により、パワースーツにさらなるパワーを与え、ユーザー体験を向上させました。また、ホットスワップ機能により、バッテリー交換によるダウンタイムを解消しています。これにより、装着者は実質的に使用時間の制限を意識する必要がありません。

防塵防滴、歩行支援、40Vバッテリー搭載の第5世代German Bionic Cray X

防塵防滴、歩行支援、40Vバッテリー搭載の第5世代German Bionic Cray X


スマート・セーフティ・コンパニオンは、手作業環境における装着者の安全性をさらに引き出し、ビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。人間工学のための統合されたAIベースの早期警告システムは、姿勢の悪さや間違った持ち上げ方の兆候を警告します。これにより、疲労やそれに伴うミス、怪我の防止を積極的に支援します。また、直感的な操作が可能なダッシュボードには豊富なレポート機能が搭載されており、重要性を増すESGやサステナビリティの目標達成状況をモニタリングし、記録するための実用的な方法を提供します。

軽量なカーボンファイバー構造のCray Xは、先代モデルと同様に、産業用IoTプラットフォームやあらゆるスマート・ファクトリーのエコシステムに容易に接続でき、ビジネス・プロセスへの真の統合を促します。これは、人による作業をデジタルワーク・フローに効果的に組み込むことができ、企業のKPIに対して自動的にベンチマークすることを意味しています。

German BionicでIoT部門を統括するNorma Stellerは、"AIは、外骨格技術を継続的に発展させ、人間拡張の未来を実現するための基盤となります。German Bionicの提供するクラウドベースのパワースーツ向けプラットフォームは、業界でもユニークなもので、機械学習を進め、AIアプリケーションを育成、研究開発の取り組みを新たなレベルに進めるために必要なデータを提供しています。第5世代のCray Xにより、私たちはこの方向に向けてさらに大きな一歩を踏み出しました"と述べます。

パワースーツを利用したことがない人でも、Cray Xはすぐにその効果を発揮します。新しい導入支援アシスタントは、製品に搭載されたディスプレイ上で役立つヒントや指示を提供、長期的な健康と福祉の向上のために、より安全で効率的な作業を始めるためのプロセスを明らかに短期化してくれます。

German BionicのCEO、Armin G. Schmidtは、"第5世代のCray Xは、大きな成長を見せている国際的なパワースーツ市場における、当社の技術的なリーダーシップを明確にしています。本日発表する技術革新は、世界中のより多くの人々や企業が、より幅広いユースケースや産業において恩恵を受ける道を開くものです"と述べています。

第5世代のGerman Bionic Cray Xについての詳細及びデモのご予約は、https://germanbionic.com/jp/home/を参照ください。

German Bionicについて

German Bionicは、スマート・パワースーツ開発・製造のリーディング・カンパニーです。パワースーツは、装着者の動きをサポート、増幅することで、人間の知性と機械のパワーを組み合わせた人・マシン・システムです。German BionicのCray Xは、世界初のコネクテッド・パワースーツです。スマート・ファクトリーと連携、自己学習により、持ち上げ動作を強化、誤った姿勢を防止することで、人間と機械をつなぐインテリジェントな接点となります。これにより、装着者の健康を守り、事故のリスクを低減、作業プロセスの定量的な改善を証明するデータを提供します。German BionicとCray Xは、インダストリー4.0において人を中心に据えたこの革新的な技術が評価されており、バーバリア及びジャーマン・アントレプレナー賞、ランド・オブ・アイデア賞、そしてオートマティカ賞などの数々の賞を受賞したほか、ハノーバー・メッセでは名誉あるエルメス賞にノミネートされました。German Bionicは、アウグスブルグ、ベルリン、東京及び川崎にオフィスを置いています。

詳細については、www.germanbionic.com/jp/をご覧ください。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信