佐川急便/第8回モーダルシフト取り組み優良事業者賞、有効活用部門にて「モーダルシフト取り組み優良事業者賞」を受賞|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

佐川急便/第8回モーダルシフト取り組み優良事業者賞、有効活用部門にて「モーダルシフト取り組み優良事業者賞」を受賞

グリーン物流(環境) 2021.11.26

【佐川急便】第8回モーダルシフト取り組み優良事業者賞 有効活用部門にて「モーダルシフト取り組み優良事業者賞」を受賞(2021/11/26)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、一般社団法人日本物流団体連合会主催「第8回モーダルシフト取り組み優良事業者公表・表彰制度」有効活用部門において「モーダルシフト取り組み優良事業者賞」を受賞しましたのでお知らせいたします。

佐川急便株式会社 取締役 栗和田武(リモートでの受賞)
佐川急便株式会社 取締役 栗和田武(リモートでの受賞)

環境負荷の低減は多くの企業で社会的責任と位置付けており、佐川急便ではCO2排出量抑制につながるモーダルシフトを積極的に推進しています。その中で2018年7月から東京~苅田航路のフェリーを利用し関東から九州への輸送においてトラック輸送から海上輸送へのモーダルシフトを進めてまいりました。そして2021年7月からは、新たに運航を開始した横須賀~新門司航路のフェリーを利用しさらなるモーダルシフトを実現しました。
本取り組みは運送業界の課題となっているCO2排出量の削減、長時間の運行に起因するトラックドライバーの負担軽減効果への大きな取り組みとなりました。このたびの受賞では、これらの課題解決への取り組みだけでなく大雨等による鉄道輸送力の一時的な低下を補完できた点もBCP対応として評価いただきました。

また新たに開始した横須賀~新門司航路では、従来の東京から苅田港間の運航と比べ、約4時間の時間短縮が図れることから営業所への到着時間が早まり、リードタイムの短縮にも繋がると考えています。

  • ※「モーダルシフト取り組み優良事業者公表・表彰制度」について
    一般社団法人日本物流団体連合会が主催しており、モーダルシフト促進に関し、物流事業者の自主的な取り組みの推奨や、意識の高揚を図るため、社会に広く発信していくことを目指しています。

環境への配慮

東京港→苅田港 2020年度は約361トン(約55%)のCO2排出削減が図れた

実施前
フロー図 東京港⇔苅田港実施前
実施後
フロー図 東京港⇔苅田港実施後

横須賀港→新門司港 2カ月間で約372トン(約49%)のCO2排出削減が図れた

実施前
フロー図 横須賀港⇔新門司港実施前
実施後
フロー図 横須賀港⇔新門司港実施後

今後も佐川急便では、環境負荷の低減を図るための物流効率化の推進を継続すると共に、トラックドライバーの労務環境の改善に取り組んでまいります。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信