近鉄エクスプレス/「グリーン電力証書システム」の活用について|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

近鉄エクスプレス/「グリーン電力証書システム」の活用について

グリーン物流(環境) 2021.11.22

環境への取り組み ―「グリーン電力証書システム」の活用について―

株式会社近鉄エクスプレス(本社:東京都港区)は、CO2排出量(Emission)削減・エネルギーをマテリアリティ(重要課題)と位置付け、事業活動における排出量削減にむけて、具体的な課題の抽出と目標数値の設定を進めています。

脱炭素化に向けた取り組みの一つとして、さまざまな形で再生可能エネルギーの導入を検討をしており、この度、「グリーン電力証書システム」(※)の仕組みを活用して、証書発行事業者と契約し、「グリーン電力証書」(1,200,000kWh)を購入しました。自社施設 三郷グリーンウエアハウス(以下、三郷GWH)にて使用される電力を再生可能エネルギーにて賄います。
三郷GWHにおいては、環境保全および汚染の予防を目指すISO14001(環境マネジメントシステム:EMS)認証、屋上・壁面緑化、LED照明の採用するなど建築物の環境性能を評価するLEED認証も取得しています。また、毎月のEMS環境会議では環境改善活動の報告、三郷GWH周辺の一斉清掃を実施するなど、従来より「KWEグループ環境方針」に沿ったサステナビリティ活動を推進しています。

KWEグループは、より良い社会と未来の実現に貢献するため、今後もさまざまな形で環境への取り組みを推進して参ります。

グリーン電力証書システム

※「グリーン電力証書システム」とは、再生可能エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者機関(一般財団法人 日本品質保証機構)の認証を得て、「グリーン電力証書」という形で取引する仕組みです。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信