日本通運/日通国際物流(上海)、上海外高橋港総合保税区において 組立て加工業務ライセンスを取得|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本通運/日通国際物流(上海)、上海外高橋港総合保税区において 組立て加工業務ライセンスを取得

物流全般 2021.11.22

日通国際物流(上海)、上海外高橋港総合保税区において 組立て加工業務ライセンスを取得

~ 同保税区で物流業者として初 ~

 当社の現地法人、日通国際物流(上海)有限公司(董事長:杉山龍雄)は、10月25日(月)を発効日として、上海外高橋港総合保税区において物流業者として初めて組立て加工業務を行うライセンスを取得しました。

20211122-1-1.jpg

(上海外高橋港総合保税区ゲート)

20211122-1-2.jpg

(事務所エントランス)

 中国では香港、マカオ、および一部の特殊総合保税エリアでのみ組立て加工業務が認められており、上海近郊エンドユーザー向け貨物の在庫を持つお客様から、より近い場所で組立て加工を行いたいというニーズが以前よりありました。

 今回、上海外高橋港総合保税区において物流業者として初めて組立て加工業務のライセンスを取得したことにより、お客様からのご要望に応じて化粧箱への商品の詰め合わせ、設備本体へのパーツ取り付けなど、多様なサービス・付加価値を提供するとともに、上海近郊のエンドユーザーへの輸送コストを削減し、リードタイムを大幅に短縮することが可能となります。

 当社は、グローバルネットワークを活かした国際輸送に加え、今後も中国における物流機能を更に拡充し、お客様の事業活動の発展に貢献してまいります。

 ■日本通運グループは、2022年1月4日からNXグループとなり、新たなグループブランドシンボルを導入いたします。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信