日本貨物航空/航空貨物運送状取り扱い手数料を導入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本貨物航空/航空貨物運送状取り扱い手数料を導入

物流全般 2021.11.22

『航空貨物運送状取り扱い手数料』の導入について


平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
今後お客様との e-Freight(ペーパーレス化)、デジタル化を推進するにあたり、基本となる e-AWB の定着化を目的に、e-AWB を標準プロセスといたします。
つきましては e-AWB 以外の貨物には『航空貨物運送状取り扱い手数料』(Master AirWaybill handling fee)を導入させていただきます。
ご理解ならびにご協力を賜りますようお願い申し上げます。
ご質問、お問い合わせは、最寄りの弊社営業部門へお願いいたします。
NCA は、今後もお客様の利便性とカスタマーエクスペリエンス向上を追求することを目的に、デジタル化の更なる推進を目指してまいります。



1.開始日
2022 年 1 月 1 日
(2022 年 1 月 1 日以降発行の Master Air Waybill より適用開始)


2.対象貨物
ライブアニマル(AVI)、着払い貨物以外のすべての 933 券面貨物(日本発貨物から開始し、順次海外発貨物にも展開いたします)


3.ハンドリング
・e-AWB はシングルプロセスで受託いたします。
・EAW/EAP のコードを FWB の Special Handling Code 欄へ入力をお願いいたします。
4.航空貨物運送状取り扱い手数料
紙媒体での MAWB の場合は、『航空貨物運送状取り扱い手数料』(Master Air Waybillhandling fee)を頂戴いたします。
料金:1,000 円/MAWB(海外発貨物は別途ご案内いたします)
チャージコード:NE(Non-electronic document)をご使用ください。


5.その他
新たに弊社と e-AWB を開始されるお客様は、事前に手続きが必要となりますので、弊社営業にご連絡ください。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信