マンハッタン・アソシエイツ/ダイキンが豪州最大の空調機器倉庫にManhattan SCALEを導入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

マンハッタン・アソシエイツ/ダイキンが豪州最大の空調機器倉庫にManhattan SCALEを導入

物流システム 2021.11.12

ダイキンが豪州最大の空調機器倉庫にManhattan SCALEを導入

DC内のオペレーションを最適化する包括的な倉庫管理ソリューション

マンハッタン・アソシエイツ社(NASDAQ:MANH)は、大手空調機器メーカーであるダイキン・オーストラリアが、シドニーに新設したダイキンパーク・ディストリビューションセンター(DC)で、Manhattan SCALE(マンハッタン・スケール)を稼働させたことを発表します。
WMS(倉庫管理システム)のManhattan SCALEは、オーストラリア最大の空調機器用DCであるダイキンパークにおける製造、在庫管理、受注、出荷など全ての倉庫内業務を最適化する、統合的な倉庫管理ソリューションとして活用されます。この新たに導入されたソリューションは、ダイキン・オーストラリアのDC業務をエンド・ツー・エンドで可視化、コントロールするとともに、近年オーストラリア国内で大きな成長を遂げている同社の成長を強力に支えます。

ダイキン・オーストラリアでオーストラリア・ニュージーランド地域のサプライチェーンとITの責任者を務めるマイケル・トラッド氏は次のように述べています。
「ダイキンパークの倉庫管理システムとしてマンハッタンを導入したことで、倉庫、輸送・物流、顧客に関するデータへのアクセス環境は大きく改善され、DC内のオペレーションを完全にコントロールできるようになりました。COVID-19のようなビジネスに変化が起こりやすい状況下では、そうした様々なデータに可視性を持たせることは非常に重要です。可視性を得たことで、作業効率と顧客体験を向上させるために必要なビジネス上の意思決定を、より迅速かつスムーズに行うことが可能になりました。また、この機能強化により、配送員やお客様と共有できる情報量が大幅に増え、注文処理プロセスのあらゆる側面から情報を提供できるようになりました」

ダイキン・オーストラリアは、幅広い事業戦略の一環として、最近、6つの配送センターを33,000平方メートルのダイキンパークに統合し、原材料、スペアパーツ、完成品、製造用器具などを保管するための中心拠点として運営しています。この統合により大幅なコスト削減を実現したダイキン・オーストラリアでは、ダイキンパークにおいて4万立方メートル以上の在庫を管理しながら、1日あたり9,000件という注文に対応します。

マンハッタン・アソシエイツのオーストラリア・ニュージーランド地域の責任者であるラガヴ・シバルは次のようにコメントしています。
「Manhattan SCALEソリューションは、何枚のパレットが、いつ、どこに、どのような順番で配送するかを事前に計画することができるので、ダイキンではトラックへの積み込みをより効率的に行うことが可能になります。さらにドライバーや配送情報などリアルタイムなデータにアクセスすることで、配送経路を最適化できると同時に、顧客に配送状況を極めて正確に知らせることができるようになるのもダイキンにとっての大きなメリットのひとつでしょう」

ダイキン・オーストラリアは、3PL依存から脱却し、WMSを自社で導入するという計画を推進する中で、ダイキンパークのオペレーションをサポートするシステムとして、マンハッタン・アソシエイツの最新ソリューションを導入することを決定しました。Manhattan SCALE が新しいDCの中核となったことで、同社では、ビジネスや顧客のために取り組む社内の改善活動に必要不可欠な"可視性"を、評価、管理、オペレーションの各工程において高めることを可能にしました。

マンハッタン・アソシエイツでオーストラリア・ニュージーランド地域のシニア・プリンシパル・コンサルタントを務めるラフル・ピライ氏は次のようにコメントしています。
「ダイキン・オーストラリアの独自のビジネス・ニーズを満たすソリューションを実現するために、私たちは同社と密接に協力しながら、柔軟性と設定のレベルを最大限に高めるとともに、スタッフにはトレーニングを受けていただき、新システムを使用する準備を整えていきました。このプロジェクトは全社的に大きな成功を収め、ダイキン・オーストラリアが自社でWMSの効率的な運営を行うという目標を達成された中で、私たちマンハッタン・アソシエイツのテクノロジーが貢献できたことを非常に嬉しく思います」


マンハッタン・アソシエイツの最新の製品情報や顧客、パートナーに関するニュースは、Twitter および Facebook からご覧ください。


●ダイキン・オーストラリアについて
ダイキン・オーストラリアは1969年に設立され、以来オーストラリアのナンバーワンのエアコンブランドとして、オーストラリア中の家庭や、数千の有名な商業プロジェクトで利用されています。
最近では、シドニーの製造施設が拡大し、国内向けの多くの製品の生産を手掛けています。また、さまざまな商用およびダクト付き空調製品においてオーストラリアメイドの認証を授与されました。
さらに、オーストラリア国立ぜんそく評議会のSensitive Choice programで承認された唯一のスプリットシステムエアコン(室内機と室外機の2つから構成されるエアコンシステム)によって、ダイキンの事業における重要なテーマである室内の空気のクオリティ向上にも大きく貢献しています。

●マンハッタン・アソシエイツについて
マンハッタン・アソシエイツは、サプライチェーンとオムニチャネル分野のテクノロジーリーダー企業です。フロントエンドの販売プロセスとバックエンドのサプライチェーンの統合によって企業内外の情報を集約するとともに、先進のソフトウェア、プラットフォーム技術、および豊富な実績と経験が、お客様の成長と収益の確保を強力に支援します。
そして、最先端のクラウドならびにオンプレミス環境をベースに開発されたソリューションを、店舗、流通ネットワーク、物流センターに提供することで、オムニチャネル市場におけるビジネスを成功へと導きます。
詳細については www.manh.com/ja-jp をご参照ください。


※本内容は豪州シドニーで発表されたニュースリリースの抄訳です。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信