鈴与シンワート/6100万円の経常損失を計上(2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

鈴与シンワート/6100万円の経常損失を計上(2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2021.11.12

2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            売上高  営業利益 経常利益 当期純利益

2022年3月期第2四半期 6,729 3.2   △81 -  △61 -  △49 -
2021年3月期第2四半期 6,518 △6.4  △72 -  △55 -  △33 -
(注) 包括利益 2022年3月期第2四半期 △55百万円( -%) 2021年3月期第2四半期 △24百万円( -%)

(略)

(1)経営成績に関する説明
当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の再拡大により、社会経済活動が制限されるなど依然として厳しい状況が継続いたしました。ワクチン接種の進展や感染拡大防止策により、持ち直しが期待されますが、国内経済に与える影響は引き続き不透明な状況です。
一方、当社グループの主力である情報サービス事業のITサービス市場においては、今後のウィズ/アフターコロナ社会への対応やニューノーマル下での競争優位性を確保するため、デジタル技術を駆使したビジネスプロセスや業務プロセスの変革といったデジタルトランスフォーメーション(DX)への期待が社会や企業において高まっており、事業環境は堅調な状況が続いております。
このような事業環境の中、当社グループの情報サービス事業においては、「徹底した現場力の向上による収益構造の変革」という中期の経営ビジョンを継続・推進させ収益性の改善を図るとともに、新たな成長に向けマーケティング部門の新設や新技術の調査・研究チームの立上げによる事業拡大と先進的な技術知識習得の推進、新卒採用を中心とした人財の確保と各種教育研修プログラムによる人財力の強化、及び社内DX推進による経営基盤の整備を進めております。また、2021年9月30日にビジネス・デザイン・コンサルティング株式会社を子会社化し、人事・給与・就業管理並びにタレントマネジメント領域において業務プロセスコンサルティングからシステムの設定・導入までの質の高いサービスを提供できるよう、持続的な企業価値向上に取り組んでおります。
物流事業においては、エッセンシャルワーカーによって成り立つ事業であることから、新型コロナウイルス感染防止対策に最大限注力しつつ、物流作業の基本である「安全・安心」を具体的に実現・継続させていくことに集中し、収益力の強化を図っております。
このような状況のもと、当社グループの売上高は67億29百万円(前年同四半期比3.2%増)、売上総利益は売上高の伸びと収益性の改善により11億16百万円(前年同四半期比9.5%増)、第2四半期連結累計期間としては過去最高の売上総利益を確保しました。一方、マーケティング機能強化及び新卒採用人員増といった投資により販売費及び一般管理費が増加し、営業損失は81百万円(前年同四半期は72百万円の損失)、経常損失は61百万円(前年同四半期は55百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失は49百万円(前年同四半期は33百万円の損失)となりました。
セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。


①情報サービス事業
売上高は、ソフトウエア受託開発から、人事・給与・就業・会計等の業務を中心としたパッケージソリューションサービス及びデジタルビジネスソリューションへの注力領域のシフトが順調に進み、増収となりました。
以上の結果、売上高は51億67百万円(前年同四半期比4.4%増)となりました。
セグメント利益は、ソフトウエア受託開発において生産性向上や高付加価値化による収益性改善を推進し、増益を継続させるとともに、パッケージソリューションサービスにおける増収効果と利益率改善により、大幅な増益となりました。
以上の結果、セグメント利益は4億23百万円(前年同四半期比20.9%増)となりました。


②物流事業
売上高は、倉庫事業において、外食産業に関連の貨物が減少したものの、荷役作業を伴うスポット貨物を取り込んだ結果、増収となりました。港運事業においては、東京オリンピック・パラリンピック開催期間中の出荷作業等に減少があったものの、堅調に推移しました。陸運事業においては、都内コンビニエンスストア等の中食産業向けへの配送が減少し減収となりました。
以上の結果、売上高は15億62百万円(前年同四半期比0.3%減)となりました。
セグメント利益は、倉庫事業において、値上げによる賃借料の増加に加えて保管貨物の減少により、減益となりました。港運事業においては、荷役機器による作業効率やコスト管理の徹底、また利益率の高い作業に注力した結果、増益となりました。陸運事業においては、稼働台数の減少及び燃料費等の高騰の影響を受け、減益となりました。
以上の結果、セグメント利益は2億41百万円(前年同四半期比3.8%減)となりました。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信