日本GLP/Telexistence社新型ロボット「TX SCARA」をファミリーマートGLP ALFALINK相模原店に導入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本GLP/Telexistence社新型ロボット「TX SCARA」をファミリーマートGLP ALFALINK相模原店に導入

物流システム 2021.11.09

Telexistence社新型ロボット『TX SCARA』を
ファミリーマートGLP ALFALINK相模原店に導入

~バックヤードにおける飲料陳列業務を独自AIシステムで自動化~

日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之、以下「日本GLP」)と、株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:細見研介)、Telexistence株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO: 富岡 仁、以下TX)は、TXの独自AIシステム『Gordon』を搭載した新型ロボット『TX SCARA』を「ファミリーマートALFALINK相模原店」(所在地:神奈川県相模原市中央区田名)に導入いたします。

gordon

 このたび導入するTXが開発した新型ロボット『TX SCARA』は、店舗従業員への作業負荷の大きいバックヤード内での飲料補充業務を24時間行います。バックヤードの狭いスペースで稼働可能な水平多関節型のロボットで、通常時は『Gordon』が自動制御します。陳列失敗時にはTelexistence(遠隔操作)モードへ移行し、インターネットを通じて人が遠隔から直接的、直感的にロボットを制御し迅速に復旧を行うことが可能です。
 また、『Gordon』は店舗の過去の販売実績データを学習することで、時間帯や季節により変化する商品の売れ筋に合わせ、『TX SCARA』による陳列タイミングを最適化します。こうしたロボティクス・AI技術の活用により、一日約1,000本行われている飲料陳列業務を、店舗従業員に代わり24時間担います。一方、店舗従業員は売場を離れることなく、接客業務など、より付加価値の高い業務に取り組むことができます。

「TX SCARA」動画:https://youtu.be/vbtj2v3ch8E

move

 日本GLPが展開する「ALFALINK」は、「創造連鎖する物流プラットフォーム」をコンセプトとして、従来の物流施設における効率化・最適化を超えた、これまでにない価値や事業を創造していく拠点となる施設づくりを目指しています。「Open Hub」(物流をもっとオープンに)、「Integrated Chain」(サプライチェーンをつなぐ)、「Shared Solution」(ビジネスの進化をサポート)をキーワードとし、本コンセプトに基づいた様々な設備、サービスを提供しています。最先端の技術を駆使した『TX SCARA』の導入は、「Open Hub」の取り組みの一環であり、地域にも開放された共用施設「リング」内におけるコンビニエンスストア利用の利便性とともに、新たな価値創造に取り組む拠点として社会・地域の方々に興味・関心を持っていただくきっかけとなることを期待しています。

 ファミリーマートは、この取り組みにより作業工数が大きく、人間への負担も重い商品陳列業務を自動化・遠隔化することで、生産性の向上や非接触化、お客さまの利便性向上を加速してまいります。この取り組みは、ファミリーマートが2019年11月より参画する経済産業省における「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」の一環でもあり、ロボットを活用した店舗の省人化や新しい店舗オペレーション基盤の構築を目指しています。

 ファミリーマートは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、地域に寄り添い、お客さま一人ひとりと家族のようにつながりながら、便利の先にある、なくてはならない場所を目指してまいります。

以上

■店舗概要
店舗名称:ファミリーマートALFALINK相模原店
住所  :神奈川県相模原市中央区田名字赤坂3700-1
営業時間:24時間
店舗面積:約140㎡

<株式会社ファミリーマート>
所在地  :東京都港区芝浦三丁目1番21号
代表者  :代表取締役社長 細見 研介
設立年月日:1981年9月1日
会社 H P  :https://www.family.co.jp/

<Telexistence株式会社>(https://tx-inc.com
ロボットを変え、構造を変え、世界を変える、をミッションとし、遠隔操作・人工知能ロボットの開発およびそれらを使用した事業を展開するロボティクス企業です。世界中から高い専門性をもつ人材が集まり、ハードウェア・ソフトウェア、AI、遠隔操作技術を一貫して自社で開発しています。ロボットの活躍の場を工場の外にまで広げ、労働に関わる社会の基本的なあり方を変革することを目指しています。

所在地  :東京都中央区晴海4-7-4 Cross Dock Harumi 1F
代表者  :代表取締役 兼 最高経営責任者 富岡 仁
設立年月日:2017年1月23日

<日本GLP株式会社>(https://www.glp.com/jp/
日本GLP株式会社は、2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、130 棟、総延床面積約1,000万m²の物流施設を運営しており、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。GLPでは、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形成に貢献すべく包括的なESGポリシーを策定しています。

<ご参考:TX SCARA と GORDONの主な特長> 
●TX SCARA:CVSバックヤードでの飲料陳列にロボットの関節軸構成やリンク長などを最適化した自社開発ロボット。既存店舗のバックヤード環境を変更せずに導入可能なハードウェアを実現。
●Gordon:TX独自のAIシステムであり、冷蔵ケースの商品充足状況 (Shelf Scanning Module)や陳列すべき飲料の把持点などを認識し、把持から陳列までのエンドエフェクタの経路計画生成を行う。
●Telexistenceモード(遠隔操作モード):想定していない環境変化が原因でAIによる陳列が失敗した場合、Gordonモード(自動制御モード)からTelexistenceモードへ移行。インターネットを通じた人による直接的なロボット制御で陳列業務を100%成立させることが可能。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信