遠州トラック/経常利益は前年比12・6%増(2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

遠州トラック/経常利益は前年比12・6%増(2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2021.11.09

2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

           営業収益  営業利益  経常利益 当期純利益

2022年3月期第2四半期 20,605 11.1  1,579 13.6  1,604 12.6  1,101 12.3
2021年3月期第2四半期 18,542 13.0  1,390 23.4  1,425 25.7  981 27.3
(注)包括利益 2022年3月期第2四半期  1,105百万円 (4.4%) 2021年3月期第2四半期  1,058百万円 (41.9%)

(略)

(1)経営成績に関する説明
当第2四半期連結累計期間のわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の第4波を迎えたことから、4月23日に緊急事態宣言が再発出され、その後も新規感染者が急増する第5波を迎えるなど、新型コロナウイルス感染症の影響に翻弄されました。緊急事態は9月30日をもって終了しましたが、この間、景気は不安定な状態で推移いたしました。物流業界においても、国内貨物輸送は回復基調にあるものの力強さを欠いており、依然、厳しい経営環境が続いております。
このような状況の下、当社グループにおきましては、巣ごもり需要が続きインターネット通販向け輸送が堅調であったこと、工業製品用部品や日用品などの配送センター業務が拡大したこと、及び前年度第3四半期から連結対象となった小笠運送株式会社が、期初から連結されていること等から、当第2四半期連結累計期間の営業収益(売上高)は206億5百万円(前年同期比11.1%増)となりました。
利益面におきましては、主に輸送業務の拡大に加え、業務全般の効率化・合理化を進めた結果、営業利益は15億79百万円(前年同期比13.6%増)、経常利益は16億4百万円(前年同期比12.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は11億1百万円(前年同期比12.3%増)となりました。


セグメント別の営業収益の状況は次のとおりです。
物流事業の営業収益は205億31百万円(前年同期比11.4%増)となりました。その内訳は、輸送部門が154億82百万円(前年同期比10.4%増)、倉庫部門が50億49百万円(前年同期比14.7%増)となりました。
その他(不動産事業等)は73百万円(前年同期比37.6%減)となりました。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信