C&Fロジホールディングス/経常利益は前年比3・5%減(2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

C&Fロジホールディングス/経常利益は前年比3・5%減(2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2021.11.09

2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            営業収益  営業利益  経常利益  当期純利益

2022年3月期第2四半期 56,284 0.0  3,030 △7.9  3,316 △3.5  2,210 △3.8
2021年3月期第2四半期 56,267 1.0  3,290 25.1   3,438 28.5  2,297 28.6
(注) 包括利益2022年3月期第2四半期 2,445百万円( △7.1%) 2021年3月期第2四半期 2,632百万円( 82.2%)

(略)

(1)経営成績に関する説明
当第2四半期連結累計期間における日本経済は、新型コロナウイルス感染症の再拡大の影響により経済活動や消費行動の停滞が継続する中、ワクチン接種の広がりと共に徐々に回復していくことが期待されておりましたが、期中では目立った回復には至らず非常に不透明な状況が継続しました。
当社グループが主軸をおく低温食品物流業界におきましては、従前からのライフスタイルの変化に加えコロナ禍による食シーンへの影響を受け冷凍・冷蔵食品の貨物需要も変化することとなりました。外食機会の減少により落ち込んでいた業務用食品の荷動きについては、前年比で回復の兆しが見えてきた一方で、前年の家庭用食品の巣ごもり需要は平年並みの水準に落ち着いてきました。また、原油価格の高騰や輸送用コンテナ不足の長期化は、燃料費の上昇や荷動きの鈍化といった形で前年比の業績への下振れ要因となりました。
このような食品需要の急激な変化の中、当社グループは第二次中期経営計画の最終年度をスタートさせました。この計画の中で基本方針に掲げた「新たなインフラ整備と営業開発の推進」を実現するため、新たなインフラとして物流施設を今年度中に4か所新設する計画となっております。2021年5月には、TC事業において当社グループ最大規模となる首都圏物流センターを埼玉県所沢市に新設し、新規顧客の開拓を進めました。また、収益力の拡大施策といたしまして、従前から取り組んできた自社車両による配送比率の引き上げをはじめとしたコスト構造の見直しや、倉庫における適正な在庫管理の取り組みを継続して進めております。また、「人材の確保と活用」については、従業員の定着率向上に向けた働きやすい職場環境づくりや従業員の処遇改善等の継続的な取り組みに加え、社内研修制度の刷新などの新たな取り組みも進めてまいりました。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績につきましては、営業収益は56,284百万円(前年同期比0.0%増)、営業利益は3,030百万円(前年同期比7.9%減)、経常利益は3,316百万円(前年同期比3.5%減)となりました。
また、親会社株主に帰属する四半期純利益につきましては、2,210百万円(前年同期比3.8%減)となりました。なお、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等の適用により、営業収益は126百万円減少しております。また、営業利益、経常利益については影響ありません。


セグメント別の業績は、次のとおりであります。
①TC事業(通過型センター事業)
前期は、巣ごもり消費の拡大により食品スーパーや小売店で扱う家庭用チルド食品の需要が膨らみ物量は大幅な増加となりましたが、当期はこの需要が減少し平年並みの物量となりました。更に、外出機会やインバウンドの減少、及びテレワークの浸透による都心エリアのコンビニエンスストア関連の物量減少は、当期も継続していることなどにより、営業収益は36,426百万円(前年同期比1.1%減)となりました。
セグメント利益につきましては、自社車両を活用した配送比率の引き上げによる配送効率化の推進による効率化はあったものの、原油取引価格の上昇に伴う燃料費の増加、従業員の処遇改善に伴う労務コストの増加などにより、2,265百万円(前年同期比14.0%減)となりました。なお、収益認識会計基準等の適用により、営業収益は111百万円減少しております。また、営業利益、経常利益については影響ありません。


②DC事業(保管在庫型物流事業)
前期は、巣ごもり消費の拡大により食品スーパーや小売店で扱う家庭用冷凍食品の需要が膨らみ物量は大幅な増加となりましたが、当期はこの需要が減少し平年並みの物量となる一方で、前期に発生していた主に外食店舗向け業務用冷凍食品の物量減少の状況は、当期は回復傾向にあることなどにより、営業収益は18,979百万円(前年同期比2.5%増)となりました。
セグメント利益につきましては、労務コンプライアンスの推進や従業員の処遇改善に伴う外注費及び労務費の増加や原油取引価格の上昇に伴う燃料費の増加はあったものの、倉庫荷役の適切な管理により労働生産性が向上したこと、海外事業の収益拡大、及び再保管在庫の減少に伴う外注費の削減などにより、2,751百万円(前年同期比6.1%増)となりました。なお、収益認識会計基準等の適用により、営業収益は6百万円減少しております。また、営業利益、経常利益については影響ありません。


③その他
警備輸送業・病院等関連物流業・人材派遣業・保険代理店業等により営業収益は877百万円(前年同期比5.6%減)、セグメント利益は86百万円(前年同期比15.4%減)となりました。なお、収益認識会計基準等の適用により、営業収益は8百万円減少しております。また、営業利益、経常利益については影響ありません。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信