日本GLP/神奈川県相模原市で「GLP ALFALINK 相模原2」を着工|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本GLP/神奈川県相模原市で「GLP ALFALINK 相模原2」を着工

物流不動産・施設 2021.11.04

神奈川県相模原市で「GLP ALFALINK 相模原2」を着工

最先端の設備、サービスを集約したマルチテナント型物流施設

物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之、以下「日本GLP」)は、神奈川県相模原市で延床面積約90,000㎡の先進的物流施設「GLP ALFALINK 相模原2」の起工式を本日執り行いましたのでお知らせします。「GLP ALFALINK 相模原2」は、先日竣工した「GLP ALFALINK 相模原1」に続くマルチテナント型の物流施設で、竣工は2023年5月を予定しています。

 「ALFALINK」は、「創造連鎖する物流プラットフォーム」をコンセプトとして、従来の物流施設における効率化・最適化を超えた、これまでにない価値や事業を創造していく拠点となる施設づくりを目指しています。「Open Hub」(物流をもっとオープンに)、「Integrated Chain」(サプライチェーンをつなぐ)、「Shared Solution」(ビジネスの進化をサポート)をキーワードとし、本コンセプトに基づいた様々な設備、サービスを提供しています。

 「GLP ALFALINK 相模原」は、延床面積約673,437㎡、敷地面積約294,455㎡と関東最大級の規模を有する大規模多機能型施設として2020年に着工しました。現在までに2棟が竣工済み、「GLP ALFALINK 相模原2」を含む残りの2棟が着工済みであり、「GLP ALFALINK 相模原3・4」についてはすでに入居率100%となっています。

 「GLP ALFALINK 相模原2」はプロジェクトの最後の着工となり、「ALFALINK」のコンセプトを組み込み、より多様化するニーズへの対応を目指した施設です。

 「GLP ALFALINK 相模原2」の施設面の特徴としては、倉庫エリアの防火区画を全てシャッターとし、レイアウトや動線、マテハン設備の導入に対して高いフレキシビリティを確保しています。そして工場用途や冷凍冷蔵に対応できる仕様の区画も備えており、様々な用途と多様な業種のカスタマーのニーズをくみ取ることが可能です。また、カスタマー企業の従業員が不在の時にも荷物を格納できる置き配バース(セキュリティを確保したバース区画)を各階に導入し、荷受け・荷待ち時間を短縮することにより、輸送コストの削減を図ります。

 働く環境としては、「GLP ALFALINK 相模原1」に続き、顔認証による入館システムを導入し、高いセキュリティレベルの確保、カフェやラウンジ、休憩所のほか、「GLP ALFALINK 相模原」全体で利用できる共用棟「リング」へとつながるブリッジを設け、共用棟を活用するなど働く方々の快適性の向上や雇用の安定を図るとともに、人々の交流や新たなビジネスの創出を促します。

 環境面では太陽光発電を設置の上、自家利用を予定しており、再生エネルギーの利用を推進します。BCP対策としては、免震構造を採用し、72時間の非常用電源、井水の再利用を可能とし、災害の際には地域の方々の避難施設としてもご利用いただける体制を整えています。

 さらに、新たな試みとして倉庫内での実際のオペレーションを見せ、開かれた物流施設を体現するガラス張りのショールームとしての区画も整備する予定です。ALFALINKが掲げるコンセプトの1つである「Open Hub(物流をもっとオープンに)」をカスタマー企業とも一体となり体現していきます。また、「GLP ALFALINK 相模原2」では、快適かつ最先端の就業環境を評価いただいたファシリティマネジメント会社及びバス会社の営業所がオフィススペースに入居を決定いただいており、大規模多機能型施設ならではの、物流倉庫以外の新たな活用ニーズを取り込んでいます。

 日本GLP代表取締役社長の帖佐 義之は、「このたび『GLP ALFALINK 相模原2』の着工を迎えられることを大変嬉しく思います。早い段階で入居をご決定頂いた入居企業様には、卓越した立地条件や高品質な仕様とサービス、そして『ALFALINK』のコンセプトにご共感いただいたものと自負しております。全4棟からなる『GLP ALFALINK 相模原』は残すところあと2棟の完成を待つのみとなりました。日本GLPは引き続き、カスタマー企業のビジネスのさらなる拡大と成長をサポートし、地域コミュニティとの共生を通じて、豊かな生活と環境の提供を目指してまいります」と述べています。

 「GLP ALFALINK 相模原」は、圏央道「相模原愛川IC」より約4.3km、「相模原IC」より 約7.1kmに位置し、関東エリアのゲートウェイ、関西、中部へアクセスできる交通の要衝であり物流拠点として最適な立地にあります。

 「GLP ALFALINK 相模原2」は、GLPがグローバルな政府系投資機関および年金基金からの出資により、2018年12月に設立した物流不動産開発ファンド「GLPジャパン・ディベロップメント・パートナーズIII」による開発物件となります。

sagamihara1
起工式の様子
sagamihara2
「GLP ALFALINK 相模原2」外観 完成イメージ
sagamihara3
「GLP ALFALINK 相模原2」外観 完成イメージ
sagamihara4
「GLP ALFALINK 相模原2」オフィススペース 完成イメージ
sagamihara5
「GLP ALFALINK 相模原2」カフェスペース 完成イメージ
sagamihara6
「GLP ALFALINK 相模原2」ラウンジスペース 景観イメージ

■施設概要
施設名:「GLP ALFALINK 相模原2」
所在地:神奈川県相模原市中央区田名
敷地面積:約39,000㎡
延床面積:約90,000㎡
構造:地上6階建て、免震・PC造
着工:2021年11月
竣工:2023年5月(予定)
認証取得:LEEDゴールド認証(予定)、ZEB認証(予定)

以上


日本GLP株式会社について( https://www.glp.com/jp)
 日本GLP株式会社は、2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、130棟・総延床面積約1,000万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。GLPでは、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形成に貢献すべく包括的なESGポリシーを策定しています。

GLP Pte Ltd.について( https://www.glp.com/global/)
 GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流、不動産、インフラストラクチャー、金融をはじめとするセクターおよびその関連テクノロジーを対象とする世界的な投資会社です。投資および施設運営の専門知識を有し、顧客そして投資家の皆様に新たな価値を提供しています。日本、ブラジル、中国、ヨーロッパ、インド、米国、ベトナムにおいて事業を展開しており、1,200億米ドル超(2021年9月末現在)の資産を運用しています。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信