ESR/加須ディストリビューションセンター2が開発決定|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

ESR/加須ディストリビューションセンター2が開発決定

物流不動産・施設 2021.11.02

「ESR 加須ディストリビューションセンター2」開発決定

―延床 10.5万m2、2022年3月着工・2023年5月竣工―

ESR株式会社(代表取締役:スチュアート・ギブソン 本社:東京都港区 以下、ESR)は埼玉県加須市下樋遣川(しもひやりかわ)に「ESR 加須ディストリビューションセンター2」(以下、加須 DC2)を開発することをお知らせいたします。

「加須 DC2」は、敷地面積 49,587m2(15,000坪)、延床面積 105,315m2(31,857坪)、4階建てマルチテナント型物流施設で2022年3月着工、2023年5月竣工を予定しています。総投資額は約210億円。

発表ベースでは全国で32件目、埼玉県内では6件目(※1)のプロジェクトとなり、2017年1月に竣工した「レッドウッド加須ディストリビューションセンター」からは約6kmの距離にあります。

「加須 DC2」は、東北自動車道「加須IC」より約2.5km、圏央道と連結する「久喜白岡JCT」より約13kmと高速道路へのアクセスが良好で、埼玉県内はもとより1都5県の首都圏全域および東北地方への輸配送に対応可能な広域配送拠点として強みを有しております。

ワーカーの主な通勤手段は自家用車と想定されるため、人材確保の施策として駐車場265台以上を用意いたします。また、東武鉄道伊勢崎線「加須駅」まで5.6kmの距離にあり、加須駅を経由するコミュニティバスの最寄り停留所から850m(徒歩約10分)と公共交通機関での通勤も可能です。当エリアは人口密集地にも近く、入居企業様の雇用の観点からも有利な立地です。

建物は4階建ての耐震構造で、スロープで3階まで直接アクセスでき、1階は建物両面に、3階は中央車路を挟んで両側にトラックバースを配置。トラックバースには最大108台の大型車の接車が可能です。また、敷地内に大型車の待機スペースを十分に確保することで、安全性に配慮した効率的な入出庫オペレーションを実現いたします。

倉庫部分は、1階-2階、3階-4階のメゾネット仕様で、荷物用エレベーターと垂直搬送機による高い縦搬送能力を備えた設計にしております。床荷重は1階と2階は2.0t/m2、3階と4階は1.5t/m2、梁下有効高は1階と2階は6.5m、3階は5.5m、4階は6.0mを確保し、柱ピッチは間口 11m×奥行 10.5mとするなど、保管効率と汎用性を高めたプランとなっております。

最小賃貸区画は約1,500坪、最大12テナントに分割が可能です。

「加須 DC2」でも弊社の基本理念「HUMAN CENTRIC DESIGN.(⼈を中⼼に考えたデザイン)」に基づき、館内には 3 か所のラウンジや、ドライバー休憩室も設けるなど、施設利⽤者に快適に過ごして頂けるよう ESR の最新鋭の物流施設を計画しております。
弊社が⼒を注いでいるワーカーファーストの施策は⼊居企業様の雇⽤確保、⼈材定着の向上にも寄与できると⾃負しております。
ESR は国連の持続可能な開発⽬標(SDGs)や ESG を重視し、グループ全体で 2025 年までに達成すべき⽬標を明記した「ESG 5 か年ロードマップ」を策定し、持続可能な物流施設の開発に積極的に取り組んでおります。
「加須 DC2」でも全館 LED 照明や環境配慮型照明システム、外壁には断熱性能の⾼いサンドイッチパネル、ヒートポンプ式空調や節⽔器具等の省エネルギーの最新設備機器を導⼊するなど、環境負荷低減に配慮した建築計画により、CASBEE※2 A ランク評価を取得予定です。さらに、⾃家消費型太陽光発電システムも導⼊予定です。
BCP(事業継続計画性)対策については、⾮常⽤⾃家発電設備を備え、停電時でも防災センター、荷物⽤エレベーター、電動シャッター、トイレ等が⼀定時間使⽤可能とし、災害機能を維持できるようにいたします。また、ESR は施設運営・管理のスペシャリストであるプロパティマネジメントチームを内製化しており、「加須 DC2」においても⼊居企業様とワーカーに安全・安⼼な施設環境を提供いたします。
ESR は地域社会と共⽣・共存することも⽬指しており、雇⽤創出、税収の増加などで地域社会にも寄与してまいります。


< ESR 加須ディストリビューションセンター2 施設概要 >
■所在地︓埼⽟県加須市下樋遣川 6000-1
■敷地⾯積︓49,587 ㎡(15,000 坪)
■着⼯︓2022 年 3 ⽉ 1 ⽇(予定)
■構造︓4 階建て /耐震構造
■延床⾯積︓105,315 ㎡(31,857 坪)
■竣⼯︓2023 年 5 ⽉ 31 ⽇(予定)
■⽤途地域︓市街化調整区域(都市計画法第 34 条 12 号)
■アクセス︓【⾞】 東北⾃動⾞道「加須 IC」より約 2.5km/同・圏央道「久喜⽩岡 JCT」より約 13km
【電⾞】 東武鉄道伊勢崎線「加須駅」まで 5.6km 【バス】加須市コミュニティバス「本樋遣」より徒歩 10 分(850m)
■東京都⼼へ 65km/東京国際空港へ 83km/東京港へ 76km

※1︓埼⽟県内の開発実績(5 件)-「レッドウッド川越 DC」(2016 年 2 ⽉竣⼯)/「レッドウッド加須 DC」(2017 年 1 ⽉竣⼯)/「レッドウッド川島 DC」
(2017 年 2 ⽉竣⼯)/「ESR 久喜 DC」(2018 年 9 ⽉竣⼯)/「ESR ⼾⽥ DC」(2020 年 9 ⽉竣⼯) ※2︓CASBEE(キャスビー)-国⼟交通省が主導する(財)建築環境・省エネルギー機構内にて開発が進められている、建物の環境性能および建物以外の環境性能を総合的に評価・格付けする建築環境総合性能評価システム


<ESR について> www.esr.com/jp
ESR はアジア太平洋地域(APAC)に特化し、物流施設開発・投資・ファンドマネジメントを⾏う APAC 最⼤の物流不動産会社で、昨今はデータセンターにも参⼊しています。⾹港にグループ本社を置き、⽇本・中国・韓国・シンガポール・インド・オーストラリア・インドネシア・ベトナムなど APAC の主要国に拠点を拡⼤中です。その幅広いネットワークを活かし、お客様には先進的物流施設・ソリューションの提供と APAC での事業拡⼤をサポートし、投資家の皆様には物流施設・データセンターを軸としたニューエコノミー不動産センターへのダイナミックな投資機会を提供しております。
ESR は 2006 年にレッドウッド・グループとしてその歩みを始め、2016 年イーシャン※1 との経営統合により設⽴、2019 年 11 ⽉ 1 ⽇に⾹港証券取引所に上場いたしました。2016 年 10 ⽉に⽇本法⼈レッドウッド・グループ・ジャパン株式会社は現・ESR 株式会社に社名変更し現在に⾄ります。
開発においては『HUMAN CENTRIC DESIGN.(⼈を中⼼に考えたデザイン)』を基本理念に、ラウンジ、託児所など弊社施設で働くワーカーにとって快適で魅⼒的な物流施設の創出に⼒を⼊れています。⽇本では三⼤都市圏(⾸都圏・関⻄圏・中部圏)を中⼼に物流施設を開発しており、アジア最⼤の延床⾯積を誇る「ESR 尼崎ディストリビューションセンター」他 24 の物流施設を竣⼯させ、九州初進出となる「ESR 福岡⽢⽊ディストリビューションセンター」(2022 年 12 ⽉竣⼯予定)を含め 8 プロジェクトを開発中。また、⼤阪で ESR 初のデータセンター開発(2023 年 1 期竣⼯予定)にも着⼿しております。
ESR グループ全体の運⽤資産残⾼(AUM)約 363 億⽶ドル、延床⾯積(GFA)約 2,260 万㎡、⽇本は AUM 約 92 億ドル(約 1 兆 120 億円)、GFA 約 363 万㎡。※2
※1︓⽶国プライベートエクイティ投資会社ウォーバーグ・ピンカス、現 ESR 共同 CEO ジェフェリー・シェンが共同創設した物流不動産会社
2︓2021 年 6 ⽉ 30 ⽇時点

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信