ENEOS/千代田化工建設、クイーンズランド工科大学と低コスト型有機ハイドライド製法による豪州産CO2フリー水素サプライチェーン実証の規模拡大に成功|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

ENEOS/千代田化工建設、クイーンズランド工科大学と低コスト型有機ハイドライド製法による豪州産CO2フリー水素サプライチェーン実証の規模拡大に成功

物流全般 2021.11.02

低コスト型有機ハイドライド製法(Direct MCH(R))による豪州産CO2フリー水素サプライチェーン実証の規模拡大に成功しました!

~再生可能エネルギー由来の水素を燃料電池自動車に充填~

ENEOS株式会社(社長:大田 勝幸、以下「ENEOS」)と千代田化工建設株式会社(社長:山東 理二、以下「千代田化工」)、クイーンズランド工科大学(学長:Margaret Sheil、以下「QUT」)は、このたび、2018年から進めているCO2フリー水素の製造、輸送、脱水素に関する技術検証において、世界で初めて実際に使用できるレベルまで規模を拡大し、燃料電池自動車(FCV)へ充填することに成功いたしましたのでお知らせします。

水素を貯蔵・運搬する際には、水電解によって生成した水素をタンクに一度貯蔵し、その次に有機ハイドライドの一種であるメチルシクロヘキサン(MCH)(※1)に変換する必要があります。本技術検証では、その工程を大幅に簡略化し、水とトルエンから一段階の反応でMCHを製造する、ENEOSが開発した「有機ハイドライド電解合成法(※2)(Direct MCH(R)(※3))」を採用しています。

2019年3月に、本手法により豪州の再生可能エネルギー由来のMCHを製造し、日本で水素を取り出す世界初の技術検証を実験室レベル(約0.2kg)で成功しておりましたが、この度、実際に使用できるレベル(約6kg)にまで規模を拡大し、日本においてMCHから水素を取り出し、実際に燃料電池車に充填、走行させることに成功しました。

本サプライチェーン実証で活用する3者の技術は、以下の理由により競争優位性を有しております。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

https://www.eneos.co.jp/newsrelease/20211102_01_03_1170836.pdf

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信