サンリツ/経常利益は前年比297%増(2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

サンリツ/経常利益は前年比297%増(2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2021.10.29

2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            売上高   営業利益  経常利益  当期純利益

2022年3月期第2四半期 8,737 23.7   624 203.4   672 297.0  480 182.1
2021年3月期第2四半期 7,062 △13.8  205 △50.3  169 △55.0  170 △32.7
(注)包括利益 2022年3月期第2四半期 578百万円 (228.3%) 2021年3月期第2四半期 176百万円 (△21.8%)

(略)

(1)経営成績に関する説明
 第1四半期連結会計期間の期首より「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適用しております。詳細は、「2.四半期連結財務諸表及び主な注記(3)四半期財務諸表に関する注記事項(会計方針の変更)」をご参照ください。
 当第2四半期連結累計期間における世界の経済状況は、世界的な半導体供給不足などによる下振れリスクも存在しましたが、新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、米国及び中国経済などにおいては回復の兆しが見られました。日本の経済状況は、ワクチン接種が進む中、各種政策や海外経済の改善を背景に持ち直しの動きが見られたものの、依然として新型コロナウイルスの収束の兆しは見えず、先行き不透明な状況が続きました。
 物流業界におきましては、米中対立や海上輸送の混乱などの下押し要因はあったものの、国際貨物及び国内貨物ともに、前年度における輸送量の大幅減による反動増を背景に輸送量の回復傾向が続きました。
 このような事業環境の中、当グループは、2021年5月に策定した2ヵ年の中期経営計画(2022年3月期~2023年3月期)の達成に向けて、中・長期的ビジョン「オペレーションからソリューションへ」のもと、グループ一丸となって取り組んでまいりました。
 この結果、前年大幅に取扱いが減少していた工作機械が復調したことに加え、半導体製造装置及び小型精密機器の取扱いも増加したことにより、売上高、営業利益ともに増加いたしました。
 以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高87億37百万円(前年同期比23.7%増)、営業利益6億24百万円(前年同期比203.4%増)、経常利益6億72百万円(前年同期比297.0%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益4億80百万円(前年同期比182.1%増)となりました。


 セグメントの業績は次のとおりであります。
①梱包事業部門
 前年大幅に取扱いが減少していた工作機械が復調したことに加え、半導体製造装置及び小型精密機器の取扱いも増加したことにより、売上高、セグメント利益ともに増加いたしました。
 この結果、当該部門の業績は、売上高62億77百万円(前年同期比30.7%増)、セグメント利益7億94百万円(前年同期比115.5%増)となりました。


②運輸事業部門
 前年大幅に取扱いが減少していた工作機械が復調したことに加え、医療機器など全般的に製品の取扱いが増加したことにより、売上高、セグメント利益ともに増加いたしました。
 この結果、当該部門の業績は、売上高11億52百万円(前年同期比20.4%増)、セグメント利益86百万円(前年同期比129.9%増)となりました。


③倉庫事業部門
 半導体製造装置の取扱いが堅調に推移したことにより、売上高、セグメント利益ともに増加いたしました。
 この結果、当該部門の業績は、売上高11億92百万円(前年同期比3.0%増)、セグメント利益2億60百万円(前年同期比2.4%増)となりました。


④賃貸ビル事業部門
 リモートワーク等により事務所の集約化が行われたため、本社ビルの稼働率が低下したことにより、売上高、セグメント利益ともに減少いたしました。
 この結果、当該部門の業績は、売上高1億15百万円(前年同期比19.7%減)、セグメント利益24百万円(前年同期比59.5%減)となりました。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信