商船三井/アンモニアを主燃料とする船舶用主機関発注に向けた基本協定書を締結|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

商船三井/アンモニアを主燃料とする船舶用主機関発注に向けた基本協定書を締結

グリーン物流(環境) 2021.10.18

アンモニアを主燃料とする船舶用主機関発注に向けた基本協定書を締結

2021年10月18日

株式会社商船三井(社長:橋本剛、本社:東京都港区、以下「当社」)は、当社のネットゼロ・エミッション外航船のパイロットプロジェクトとして、MAN Energy Solutions(読み:マンエナジーソリューションズ、CEO:Dr. Uwe Lauber、本社:ドイツ、以下「MAN ES社」)および株式会社三井E&Sマシナリー(社長:田中一郎、本社:東京都中央区、以下「MES-M社」)と、MAN ES社が現在開発中のアンモニアを主燃料とした船舶用主機関発注に向けて基本協定書を締結しました。

アンモニアは、燃焼時に二酸化炭素を排出しない次世代のクリーン燃料として注目されています。当社は、「商船三井グループ 環境ビジョン2.1」(註1)で2050年までにグループ全体でのネットゼロ・エミッション達成を目指す事、また2020年代中にネットゼロ・エミッション外航船の運航を開始する事を掲げています。今後当社は、本基本協定書の締結を通じ、ネットゼロ・エミッション船の先駆けとなる船舶用大型アンモニア燃料主機関を発注し、船舶における次世代燃料への転換と、脱炭素化社会の実現に貢献していきます。(図1)

(図1)

商船三井について
商船三井は 1884 年設立で、東京に本社を置く、海運業を中心に様々な社会インフラ事業を展開しています。資源、エネルギー、原材料、製品等さまざまな物資を輸送する約 800 隻の船隊を運航しています。詳細は https://www.mol.co.jpをご覧ください。

MAN Energy Solutionsについて
MAN Energy Solutions(MAN ES)は、カーボンニュートラルな未来への移行において、お客様が持続可能な価値の創造を実現できるよう、舶用、エネルギー、産業セクターにおける将来の課題に取り組んでおり、ビジネス全体の効率とパフォーマンスを向上させていきます。また、250年以上にわたり、高度なエンジニアリングを駆使しながら、技術における独自のポートフォリオを提供しています。ドイツに本社を置くMAN ESは、世界中に120を超える事業所を構え、約14,000人の従業員を雇用しています。当社のアフターセールスのブランドであるMAN PrimeServは、世界中のお客様へ幅広いネットワークとサービスセンターを提供しています。

三井E&Sマシナリーについて
三井E&Sマシナリーは、船舶用大型ディーゼルエンジンや港湾荷役用クレーン、各種産業機械を展開しています。特に船舶用大型ディーゼルエンジン分野では世界有数のメーカーであり、生産量で国内トップシェアを誇るとともに、脱炭素社会にむけLNGやメタノールなど多様な燃料に対応したエンジンを開発・納入しています。詳細はhttps://www.mes.co.jp/machinery/をご覧ください。


(註1) 商船三井グループ環境ビジョン 2.1
https://mol.disclosure.site/ja/themes/101

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信