日本GLP/GRESB調査において昨年に続き最高位の「Green Star」評価を取得|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本GLP/GRESB調査において昨年に続き最高位の「Green Star」評価を取得

物流不動産・施設 2021.10.15

GRESB調査において昨年に続き、最高位の「Green Star」評価を取得

物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之、以下「日本GLP」)は、2021年のGRESB(Global Real Estate Sustainability Benchmark)リアルエステイト評価において、同社が運用するファンド「GLP ジャパン・インカム・パートナーズI」、「GLP ジャパン・インカム・ファンド」が最高位の「Green Star」を取得、また総合スコアでの相対評価による「GRESB レーティング(5段階評価)」においては、それぞれ「5スター」と「4スター」を取得しましたのでお知らせします。

ファンド名
評価
ランク
GLP ジャパン・インカム・パートナーズI(JIPI)
5スター
Green Star
GLP ジャパン・インカム・ファンド(JIF)
4スター
Green Star

 GRESBは、不動産セクターにおけるESG(Environment、Social、Governance)に係る取組みを測る機関として2009年に創設されました。ベンチマーク指標は、1)マネジメント、2)ポリシーと開示、3)リスクと機会、4)モニタリングと環境管理システム、5)パフォーマンス指標、6)グリーンビルディング認証、7)ステークホルダーとの関係構築などの7項目から構成されています。各スコアにおいて好評価を得た参加者にのみ与えられる「Green Star」は、絶対評価による4分類の中で最も高い評価です。2021年は、世界各国の1,520の上場・非上場の不動産会社・ファンドが本調査に参加しており、GLPは不動産会社・運用機関メンバーとして GRESB の活動をサポートしています。

 このたびの「Green Star」および「5スター」、「4スター」の取得は、①GHG(温室効果ガス)など環境関連データの収集カバレッジの維持や継続モニタリングによる省エネの実現、②物件レベルにおける環境認証の積極的な取得・維持、③契約ひな型を整備し、新規・更新時にグリーンリース条項を組み入れた契約締結を推進するグリーンリースへの取組み強化などのポイントが評価されました。また日本GLPは本年度の新たな試みとして、私募ファンドでは導入事例が少ない気候変動予測シナリオの分析についても取り組んでおり、今年度新たに追加された Resilience Module[1]への回答を実施しました。

 今後の取組みとしてGLPは、企業活動に対する中長期的な気候変動の影響をESGに取組む上での重要な課題と捉え、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の報告書の中で言及された4℃またはそれ以下のシナリオを含む様々な気候関連のシナリオを考慮し、それぞれのシナリオの下で事業状況にどのような影響を及ぼすかについても分析を行っていきます。

 日本GLP 代表取締役社長の帖佐 義之は、「GLPは、独自のESGポリシーに基づき社会インフラの一部としての施設の運営に取り組んでまいりました。このたびは、JIPⅠとJIFの両ファンドがESGの中のSocialにおいて満点を取得しました。これまで日本GLPは入居テナントや管理会社などと協力し、持続的な物流施設の運営・開発に向けた活動を推進してきており、こうした継続的な取組みが評価につながったものと考えております。引き続き、ESGの分野においても業界のベストプラクティスを追及しながら、運用施設のサステイナビリティの一層の推進に努めて参りたいと思います」と述べています。

GLPの環境方針については下記URLをご参照ください。
https://www.glp.com/jp/environmental-policy/

glp-2


[1] Resilience Moduleとは、GRESB調査で21年度から新たに追加されたモジュール(設問群)であり、企業を取り巻く環境の変化に対するレジリエンスを評価します。このモジュールでは、企業やファンドが気候関連のリスクや機会に対するガバナンス、リスク評価、事業戦略、パフォーマンス測定についての説明が要求されています。

日本GLP株式会社について( https://www.glp.com/jp)
 日本GLP株式会社は、2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、129棟・総延床面積約1,000万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。GLPでは、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形成に貢献すべく包括的なESGポリシーを策定しています。

GLP Pte Ltd.について( https://www.glp.com/global/)
 GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流、不動産、インフラストラクチャー、金融をはじめとするセクターおよびその関連テクノロジーを対象とする世界的な投資会社です。投資および施設運営の専門知識を有し、顧客そして投資家の皆様に新たな価値を提供しています。日本、ブラジル、中国、ヨーロッパ、インド、米国、ベトナムにおいて事業を展開しており、1,200億米ドル超(2021年9月末現在)の資産を運用しています。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信