ANA/「SAF Flight Initiative」プログラムを立ち上げ、持続可能な航空燃料等でお客様の航空輸送に係る CO2削減に貢献|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

ANA/「SAF Flight Initiative」プログラムを立ち上げ、持続可能な航空燃料等でお客様の航空輸送に係る CO2削減に貢献

グリーン物流(環境) 2021.10.14

「SAF Flight Initiative」プログラムを立ち上げ、
持続可能な航空燃料等でお客様の航空輸送に係る
CO2削減に貢献します


  • ・産業バリューチェーンにおけるCO2排出量削減に向け、お客様と共同で取り組む新プログラム「SAF Flight Initiative:For the Next Generation」を立ち上げました。
  • ・新プログラムの第一弾として、日本通運、近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクスとともにSAFを使用した貨物便を9月に実施しました。1SAFを使用した運航をお客様と共同で実現するのは本邦航空会社として初めてです。
  • ・今後もバリューチェーンのCO2削減に取り組むリーディングカンパニーの皆様と協力し、航空輸送における脱炭素化とSAFの活用拡大をさらに推進してまいります。

 ANAは、持続可能な航空燃料SAF(Sustainable Aviation Fuel、以下:「SAF」)2等の活用を通じて航空輸送におけるCO2排出量削減に取り組み、貨物輸送や社員の出張等ご利用いただくすべてのお客様のCO2削減に貢献することを目的とした新プログラム「SAF Flight Initiative: For the Next Generation」を立ち上げました。ANAをご利用いただくさまざまな産業におけるリーディングカンパニーの皆様の脱炭素化に向けた取り組みをサポートし、また、産業横断的にSAFの生産と活用拡大に取り組んでいくことを目的としたプログラムです。
 温室効果ガス排出量の算定・報告の国際基準であるGHGプロトコル3では、企業の事業全体で間接的に発生するCO2排出量削減がスコープ3にて求められています。ESG経営推進に向けたANA Future Promiseblankの取り組みの一つである「SAF Flight Initiative」を通じて公共交通インフラである航空輸送におけるお客様のCO2排出量削減対策に貢献できるよう努めてまいります。
 本取り組みの開始にあたって、以下の物流・貨物事業社大手3社が参画を表明し、SAFを使用した貨物便を9月29日に共同で実施しました。お客様とともにSAFを使用したフライトを運航するのは本邦航空会社として初めてです。

 また、物流・貨物のお客様を対象としたプログラムに加え、法人のお客様を対象としたプログラムでも、より多くの企業に参画いただける取り組みを拡充してまいります。現在世界各国では気候変動に伴う業績への影響の開示等が義務付けられる方向にあり、企業は社会的責任をどのように果たしているのかという非財務情報が投資判断の対象として扱われる動きが活発化しています。他方、島国である日本の企業にとって航空は国際社会における競争力に影響し得るとても重要な移動および輸送手段です。お客様の社員の出張など、ご利用いただく企業の皆様とともに「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」の実現を目指してまいります。

 2021年11月に開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)を前に開始する本プログラムにより、今後もANAグループの2050年までに航空機運航によるCO2排出量実質ゼロ4を目指すという環境目標、およびお客様の環境目標実現にも貢献できるようなあらゆるサービスの実現を目指してまいります。

  • 1. NESTE社よりSAFを調達し、成田発=フランクフルト行の貨物便に搭載
  • 2. SAFとは:Sustainable Aviation Fuelとは、バイオマスや廃食油、排ガスなど原材料の生産・収集から、製造、燃焼までのライフサイクルでCO2排出量を従来燃料より大幅に削減し、既存のインフラをそのまま活用できる持続可能な航空燃料です。
  • 3. GHGプロトコルとは:WRI(世界資源研究所)とWBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)が共催している組織。スコープ1)企業の事業活動における直接的なCO2排出、スコープ2)電力消費など、他社から供給された熱源、電源等による企業のCO2排出、スコープ3)企業の事業活動における間接的なCO2排出(製品の輸送、社員の通勤・出張等)
  • 4. 「実質ゼロ」について:CO2排出抑制に努めながら、一方で排出されるCO2については同量の CO2を最先端技術等によって吸収・回収・利用し、排出量を実質上ゼロとすること

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信