三菱ふそうトラック・バス/オーストラリア郵便公社が電気小型トラック「eCanter」20台を導入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

三菱ふそうトラック・バス/オーストラリア郵便公社が電気小型トラック「eCanter」20台を導入

グリーン物流(環境) 2021.09.17
オーストラリア郵便公社が電気小型トラック「eCanter」20台を導入

・2021年10月よりオーストラリアで「eCanter」の稼働が開始
・国内主要都市での配送サービスに活用

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、オーストラリア郵便公社(Australia Post)が電気小型トラック「eCanter」を2021年10月に20台導入することを発表しました。

オーストラリア郵便公社は、オーストラリア国内で電気小型トラック「eCanter」を導入する初のお客様となります。納車されたeCanterは今後、日々の郵便配送業務に活用されます。オーストラリア全土で郵便サービスを提供している国営企業のオーストラリア郵便公社は、現在3,000台以上の電気自動車を運用しており、同国内で最大規模の電気自動車オペレーターとなっています。同社は2025年までにCO2排出量において2019年比15%削減を実現するという目標を掲げており、「eCanter」はこのビジョン実現に貢献することが期待されます。

同社に納車された「eCanter」は、オーストラリア国内の主要都市を走行し、小包配達業務に活用されます。また、企業向けに速達配送サービスを提供しているオーストラリア郵便公社の子会社スタートラック(StarTrack)社でも「eCanter」が運用されます。「eCanter」を導入したオーストラリアのお客様は今後、現地のふそう販売ネットワークに加え、メルセデス・ベンツやフレイトライナーなどの商用車ブランドの輸入・販売を統括するダイムラー・トラック&バス・オーストラリアのe-モビリティーチームによりサポートされます。

オーストラリア市場向けの「eCanter」は、ポルトガルのトラマガル工場から完成車として輸出し、現在日本及び欧州で販売されているモデルと同じ標準仕様を備えた最新型となります。都市環境における安全運転をサポートするために、車両安定性制御装置「Electronic Stability Program: ESP®*」に加え、衝突被害軽減ブレーキ「Advanced Emergency Braking System: AEBS」や車線逸脱警報装置「Lane Departure Warning System: LDWS」といった先進安全機能を装備しています。また、現地で最大積載量での試験走行を6か月にわたり実施したことで、オーストラリア国内の環境への適合性も厳格に検査しています。

*「ESP®」はDaimler AGの登録商標です。

オーストラリア郵便公社は電気小型トラック「eCanter」を20台導入することを発表しました

電気小型トラック「eCanter」について
今日の都市が抱える騒音や排出ガス、CO2低減の課題を解決する答えとして、MFTBCが開発した量産型電気小型トラックです。「eCanter」は、車両総重量7.5トンクラス、急速充電では最大約1.5時間、普通充電では最大約11時間の充電で、航続距離は約100kmを確保しています。電気駆動システムには、モーター(最大出力135kW、最大トルク390Nm)と、370V・13.5kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーパックを6個搭載しています。2020年8月には安全装備を拡充した新型モデルを発売したほか、車両ラインアップの拡充を含む次世代モデルの開発にも取り組んでいます。

三菱ふそうトラック・バス株式会社について

三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)は、ダイムラートラック社が89.29%、三菱グループ各社が10.71%の株式を保有し、川崎市に本社を置く商用車メーカーです。85年以上の長い歴史を持つFUSOブランドの、小型、中型、大型トラックやバス、産業用エンジンを含む製品を世界170以上の市場向けに開発・製造・販売しています。2017年、初の量産型電気小型トラック「eCanter」を市場に導入し、2019年には、日本の商用車市場のベンチマークとなる、SAEレベル2相当の高度安全運転技術を搭載した大型トラック「Super Great」を商用車メーカーとして初めて日本に導入しました。MFTBCは、ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)とともにダイムラー・トラック・アジアの一員として、製品開発、部品調達、生産などの分野で協力し、お客様に最高の価値を提供しています。

Daimler Trucks Asiaについて

ダイムラートラック社傘下のダイムラー・トラック・アジア(DTA)は、85年以上の歴史を持つ日本の商用車業界の象徴である三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)と、インド市場で新進気鋭の商用車メーカーであるダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)を共同で運営する組織体です。DTAは、製品開発、生産、輸出、調達、開発を組織として共同で行う戦略的なビジネスモデルを採用することで、革新的で最先端かつ価値の高い製品をお客様に提供しています。DTAは「人と地球に、より良い生活と環境を実現するモビリティ・ソリューションを提供します」をビジョンとし、全世界のダイムラートラックグループの目的である 「For all who keep the world moving/世界を動かす、すべての人のために 」を柱として活動しています。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信