日本GLP/千葉県流山市で「GLP ALFALINK 流山 8」が竣工|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

日本GLP/千葉県流山市で「GLP ALFALINK 流山 8」が竣工

物流不動産・施設 2021.09.16

千葉県流山市で「GLP ALFALINK 流山 8」が竣工

日本最大級の大規模多機能型物流施設開発プロジェクト「ALFALINK」
2021-09-16

物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之、以下「日本GLP」)は、千葉県流山市で延床面積約155,000㎡の先進的物流施設「GLP ALFALINK 流山 8」の竣工式を執り行いましたのでお知らせします。この「GLP ALFALINK 流山 8」は、大規模多機能型物流施設開発プロジェクト「GLP ALFALINK 流山」の4棟目の完成となります。「GLP ALFALINK 流山 8」には佐川急便株式会社、山九株式会社、GBtechnology株式会社、株式会社コミネ、ナガセテクノサービス株式会社など10数社の入居が決定しています。

流山8全景
「GLP ALFALINK流山1~8」全景

「ALFALINK」では、「創造連鎖する物流プラットフォーム」をコンセプトとして、従来の物流施設における効率化・最適化を超えた、これまでにない価値や事業を創造していく拠点となる施設づくりを目指しています。「Open Hub」(物流をもっとオープンに)、「Integrated Chain」(サプライチェーンをつなぐ)、「Shared Solution」(ビジネスの進化をサポート)をキーワードとし、本コンセプトに基づいた様々な設備、サービスを提供しています。

入居企業には、「ALFALINK」のコンセプトに共感いただき、立地の良さ、入居カスタマー間での連携への期待、雇用の確保、アメニティの充実(カフェテリア、シャトルバス)などを評価いただいています。入居企業の皆さまには、「GLP ALFALINK 流山 8」を物流拠点や会社の基幹センターとしてご利用いただく予定です。

 今回竣工した「GLP ALFALINK 流山 8」はプロジェクト最大級の延床面積約16万㎡を有し、Open Hubのコンセプトのもと、施設で働く方々に加え地域の皆様にもご利用いただける、各種イベントが開催可能な交流広場「ALCO Park」も同時に完成しました。流山市の緑豊かな環境との調和を図りながら、施設内および地域の人々の交流を促し、地域にとって開かれた物流施設を目指します。 さらにベーカリーカフェ「カフェ・ド・クリエ」、レストラン、カフェテリアを開放するほか、「GLP ALFALINK 流山」全周をまわるランニングコースを設けることで働く方々の快適性を高め、地域の方々の生活空間の豊かさを創ります。

 Integrated Chainでは、サプライチェーンの全て(商品企画から配送)を一か所に統合することを可能にします。ターミナル機能を設け、複数企業のオペレーション連携を促進し、効率化を図ります。また、工場用途としての活用などを含め多機能な倉庫スペースを提供することにより、入居企業のサプライチェーンの統合をサポートします。

 また、Shared Solutionとして人材・輸配送・自動倉庫化などのソリューションも提供します。「GLP ALFALINK 流山 1~3」において既にご利用いただき、雇用促進として入居企業から高く評価いただいている人材派遣会社も新たに2社(SGフィルダー株式会社、株式会社バイトレ)入居いただき、「GLP ALFALINK 流山」全体で3社の人材派遣会社サービスが利用可能となります。また、将来的には利用状況に応じて「GLP ALFALINK 流山 2」に続く2拠点目の託児所の開設も検討しています。

 BCP面では、免震装置に加えて、非常用発電機を設置することにより災害時にも電源が供給できるほか、井水の再利用も可能です。環境面では再生エネルギーの創出、グリーン電力とカーボンオフセットなどの取り組みを行い、LEED認証ゴールドの取得を予定しています。「GLP ALFALINK 流山」では既に稼働している「GLP ALFALINK 流山 1~3」の3棟でLEEDゴールド認証を取得しています。 なお、「GLP ALFALINK 流山」では、流山市と佐川急便の3者間で災害協定を締結しており、災害時には近隣住民の方々に避難場所として施設を開放し、地域の防災拠点としての役割も果たします。

 日本GLP代表取締役社長の帖佐 義之は、「『GLP ALFALINK 流山』の中核の一つとなる『GLP ALFALINK 流山 8』、そしてOpen Hubを象徴するALCO Parkが竣工しました。同施設においても、大規模多機能型施設ならではの革新的な物流ソリューションと新たな価値を提供してまいります。プロジェクトの完成が進むにつれ、我々の『ALFALINK』の考え方に理解と共感を示していただける企業、自治体、働く方々の声も聞かれるようになりました。物流施設の概念を超え、地域、人、企業と共に成長できる施設として街づくりに貢献できるように努めてまいります」と述べています。

流山8外観
「GLP ALFALINK 流山 8」外観
流山8俯瞰
「GLP ALFALINK 流山 8」俯瞰
流山8テラス
左上:1階メインエントランス、右上:1階ALCOワークスペース
下段:1階ALCOテラス(カフェ)
流山
「GLP ALFALINK 流山 8」竣工記者会見
(左より、GBtechnology 代表取締役社長 黒瀨 忠欣様、
山九 常務執行役員ロジスティクス・ソリューション事業本部長 國清 嘉人様、
 日本GLP 代表取締役社長 帖佐 義之、佐川急便 取締役 栗和田 武様)

 「GLP ALFALINK 流山 8」は、都心からの距離が約25km、常磐自動車道「流山」IC近接、首都高速6号線三郷線/常磐自動車道「三郷」ICから約6kmと、関東広域配送の物流拠点として最適な立地にあります。従来の物流施設にはなかった生産加工、保管、流通加工、配送まで、物流サプライチェーンをトータルで網羅し、人材・スペースのシェアリングを具現化する次世代型の物流施設です。

 「GLP ALFALINK 流山 8」の開発は、GLPがCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)と2016年2月に50%対50%の出資比率で設立した合弁事業「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーII」による開発物件です。

■施設概要

施設名:「GLP ALFALINK 流山 8
所在地:千葉県流山市平方
敷地面積:69,598.54㎡
延床面積:155,093.14㎡
構造:地上4階建て、免震・PC造(一部鉄骨造)
着工:2020年2月
竣工:2021年8月
認証取得:LEEDゴールド(予定)

以上


■施設概要「GLP ALFALINK 流山」
施設数 :8棟
所在地 :千葉県流山市南/平方/中野久木/小屋/北地区
敷地面積 :約420,000㎡(プロジェクト全体)
延床面積 :約920,000㎡(プロジェクト全体)

「GLP ALFALINK 流山」概要
敷地面積
延床面積
着工
竣工
施設概要
GLP ALFALINK
流山1
41,703.95㎡
89,385.99㎡
2017年10月
2019年2月
4階建/免震/ シングルランプ 両面バース
GLP ALFALINK
流山2
60,189.53㎡
132,986.62㎡
2016年9月
2018年2月
4階建/免震/ダブルランプ中央車路
GLP ALFALINK
流山3
42,948.00㎡
96,797.46㎡
2016年10月
2018年5月
4階建/免震/ ダブルランプ 片面バース
GLP ALFALINK
流山4
42,924㎡
77,377㎡
2022年1月 予定
2023年6月末予定
4階建/免震/ ダブルランプ 片車路
GLP ALFALINK
流山5
113,000㎡
166,000㎡
2021年5月
2023年1月予定
4階建/免震/ ダブルランプ 中央車路
GLP ALFALINK
流山6
113,000㎡
68,000㎡
2021年5月
2023年1月予定
4階建/免震/ スロープ 片車路
GLP ALFALINK
流山7
54,259㎡
123,597㎡
2021年
2023年予定
4階建/免震/ ダブルランプ 片車路
GLP ALFALINK
流山8
69,598.54㎡
155,093.14㎡
2020年2月
2021年8月
4階建/免震/ダブルランプ 中央車路

尚「GLP 流山Ⅰ~Ⅲ」として稼働中の3棟は、それぞれ「GLP 流山Ⅰ」を「GLP ALFALINK 流山 2」に、「GLP 流山Ⅱ」を「GLP ALFALINK 流山3」に、「GLP 流山Ⅲ」を「GLP ALFALINK 流山1」に2021年9月1日より名称を変更いたしました。

図

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信