日本郵船/「プラチナくるみん認定」及び5回連続の「くるみん認定」|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

日本郵船/「プラチナくるみん認定」及び5回連続の「くるみん認定」

物流全般 2021.09.13

"日本郵船は「高水準の子育てサポート」をしています!"

当社初「プラチナくるみん認定」及び5回連続の「くるみん認定」

当社は、次世代育成支援対策推進法(注1)で届け出を義務付けられている「一般事業主行動計画」について、当社で策定した第5次行動計画の目標を達成したことから、厚生労働大臣の認定する「くるみん認定」を受けました。制度発足以降5回連続の認定となり、また今回、当社初となる特例認定の「プラチナくるみん認定」を受けました。

「プラチナくるみん認定」はくるみん認定を受けた企業の中から「相当程度の両立支援の制度の導入や利用が進み、高い水準の取組を行っている企業」(注2)が特例認定されます。

当社は2005年4月制度発足以降、第1次行動計画から第5次行動計画を策定し、実行して参りました。これまで積み重ねてきた取り組みを活かし、第5次行動計画で掲げた「男性の育児休業取得の向上」や「ワークライフバランスの向上」、「育児休業をする女性社員のキャリア形成の支援」などの先進的かつ、より踏み込んだ高水準の計画を達成した事が評価され、このたび「プラチナくるみん認定」に至りました。

また、当社は2021年4月に第6次行動計画(注3)を策定しました。今回の計画では、これまでの施策を継承しつつ、新しい施策として、誰もがそれぞれのライフイベントを重ねる中で継続して活躍できるような企業を目指し、更なる制度の拡充及び社内全体の意識の底上げ・行動変容を促すことに取り組んでいます。

当社は、「NYKグループ ESGストーリー」(注4)に基づき、事業を通じてSDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献や社会課題の解決を図り、新たな価値を創造する取り組みを進めています。今回「プラチナくるみん認定」に至るまでの、次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画の策定及び実行などの子育てサポート企業としての取り組みも、その一環となります。ESG経営を力強く推し進めるべく「Sustainable Solution Provider」として新たな価値創造を推進してまいります。

(注1) 次世代育成支援対策推進法
急速な少子化など家庭や地域を取り巻く環境の変化に対し、従業員が仕事と子育てを両立できるよう、雇用環境や労働条件の整備を事業主に義務づける法律。事業主は次世代育成支援のための具体的な計画(一般事業主行動計画)を策定し、届け出ることが義務づけられています。その計画を実行し、かつ一定の要件を満たした企業は認定(くるみん認定)を受けることができます。さらに、認定を受けた企業が、より高い水準の取組を行い一定の基準を満たすと、特例認定(プラチナくるみん認定)を受けることができます。

(注2)プラチナくるみん認定の詳細につきましては厚生労働省のウェブページをご覧ください
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/kurumin/index.html

(注3) 第6次行動計画ついては以下の当社ウェブページよりご覧いただけます。
https://www.nyk.com/esg/social/work_style/#anc-05

(注4) NYKグループ ESGストーリー
当社グループにおいて、ESGを経営戦略に統合するための考え方と具体的な取り組みを明示する指針。詳細は以下プレスリリースよりご覧いただけます。

関連リリース

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信